toggle
2016-06-07

【No.14】文章に「締まりがない」と感じたら、

最近、少々寝不足です。

翌日の充実度や効率を考えると、理想は7時間半。
少なくても6時間は眠りたいもの。

しかし、ここ5日間くらい連続で足りていません。
元気です。が、気を抜くと、眠っています(笑)

今夜はしっかり睡眠をとるぞ-! と意気込み中。
メリハリ効かせて、少しずつ挽回します。

自分にとっての理想の睡眠時間をとれていますか?

「食べ物に神経質になるよりも、睡眠をしっかりとった方がいい」
と、おっしゃる方もいらっしゃいました。

今夜は、子どもと、早く寝る競争をしようかな(笑)

以前のメルマガ(6号)で、
「接続詞を変えるだけで、話の流れが変わる」
http://flight-ex.jp/bkn40727/kikukaku/6

という話を書きました。

「会話」のときの話です。
次のような逆説のことばは、あまり使わない方がいいですよ
とお伝えしました。

「でも」
「っていうか」
「逆に言うと」
「(文頭で使う)いや、」

を使いそうになったら、

「だからこそ」
「それはつまり」

といったことばがオススメですよと。

書きことばの場合、
接続詞は、次のことに注意をすると変わります。

――――――――――――――――
接続詞の「そして」「また」「だから」を省いただけで、
文章がシャープになることがあります。

構成のしっかりした、よく練られた文章には接続詞が少ないものです。

<中略>

ほとんどの接続詞は機械的に削ってしまっても問題ありません。
――――――――――――――――
「文は一行目から書かなくていい」藤原智美・著

逆接の接続詞「しかし」「ところが」「~が」は、
不用意に抜いてしまうと、読み手の混乱をまねくことがあるようです。

それ以外は、削ってもいいということ。

「文章は接続詞で決まる」(石黒圭・著)という本があります。
http://urx2.nu/uloD

タイトルどおり接続詞の効果的な使い方が、詳しく説明している本です。
「ナルホド」と、うなってしまうほど。
(興味ある方は、ゼヒ読んでみてください)

ところが、終わりに近づくころ、こんなことが書かれています。

――――――――――――――――
ここで押さえておきたいのは、
接続詞は「ないのが普通。あるのが特別」ということです。
――――――――――――――――
「文章は接続詞で決まる」石黒圭・著

私自身、接続詞は使いますが、なるべく減らします。

減らす努力をします。

接続詞がない方が、リズムがいいことが多いからです。

「二度寝をしてしまった。だから、遅刻した」
「二度寝をしてしまった。遅刻した」

好みにもよりますが、下の文章の方が、
リズムがよく、スッキリとして感じませんか?

10年以上前、NHKで放映していた「プロジェクトX」。
覚えている方も多いと思います。

あの番組のナレーションのイメージです。

「現場に向かった。誰も止めなかった」
(イメージで書いたので、こんなシーンがあったわけじゃありません。笑)

淡々と短い文章で、事実を重ねていくナレーション。
映像と音楽の効果もありつつ、
余分な接続詞(形容詞も)を使わず、視聴者の胸を熱くしていました。

メールやブログ、メルマガは、文字数制限がない場合が多いです。

接続詞をたくさん使いがちですが、一度カットしてみてください。

文章が、より締まった文章になるかもしれません。

今回のメルマガ、
逆接の接続詞以外は、極力使わないように書いてみました。

少しは締まった文章になったかな?

ブログやメルマガを続けるコツがわかる 無料メールセミナー登録