toggle
2016-05-28

【No.4】自分をよく見せようとして、動けなくなってしまう方へ

昨日の親子遠足、お陰さまで天気にも恵まれて、楽しかったです。

木陰に入ると爽やかな風。

気持ちよさに、お弁当のおいしさも倍増でした(笑)

メルマガ4日目。

この3日間、必死に戦っているものがありました。
それは…、
「完璧を目指して動けなくなる自分」

「かっこよく見せようとしてしまう自分」
です。

仕事では、雑誌や新聞、Web上に文章を書いている私ですが、

恥ずかしながら、
自分のこととなると、急に動けなくなるコトが多いです。
軽やかにブログやFacebookなどのSNSをされている方が
どれだけ羨ましいか。
心理的な壁が大きく、なかなか投稿までの行動が重い。
とーーーっても重い。
メルマガを書くと決めても、書きながら、
「こんなこと、誰でも知ってるんじゃない?」

「こんなこと書いて、読者に役立つの?」
イロイロ心の声が聞こえてくるわけです。

そんな自分の中のイジワルな敵の声と戦っています。

戦うのは疲れます。
ということで、

仲良くすることにしました(笑)

「まぁまぁ。
これが今の私に書けることなんだから、あきらめよー」って。
前向きに、ポジティブに、「あきらめる」。

以前、珍しく人間関係で悩んでいたら、
ある方に、次のように言われたことがありました。
「コントロールを手放して、あきらめた方がいい。

自分を大切にすることを、やり切ったらいい」
あきらめる = 明らかに、認める。

事実は、受け止めるしかないですからね。
―――――――――――――――――――
案外
諦めた先に

新しい展開が開いたりする
―――――――――――――――――――

と、書道家・武田双雲さんもブログで書いていらっしゃいます。
http://ameblo.jp/souun/entry-11986966195.html
内なるイジワルな声だけじゃなく、
家族や仕事関係の方、知人など、
自分以外の方に関しても、
そして、お肌のシワやシミも(?)
明らかに認めて、
前向きに、あきらめる。

自分に出来ることを精一杯やったら、

後は、あきらめるしかないですからね。

あきらめた先に、きっと何かある!
新しい展開を、信じることにします。

(期待するんじゃなっくって、何となく信じるくらいのイメージね)

今日は、私自身に向けたメルマガの内容になってしまいました。

近いタイプの方の、参考になったらうれしいです。

今日も、あきらめて、配信します(笑)

ブログやメルマガを続けるコツがわかる 無料メールセミナー登録