toggle
2017-04-30

【No.341 】「日本で楽しみにしていたこと」とは?

こんにちは。寺尾祐子です。

 

先日は、アメリカに住む幼なじみとその子どもたちに、
京都と大阪を案内しつつ、私たち親子も一緒に
たっぷり遊びました。

 

アメリカでも自然豊かなところに住む友人家族。
10歳になる男の子の、
日本で楽しみにしていた一つを聞いて、びっくりしました。

 

何だと思いますか?

 

「自動販売機」です。

 

自販機の前を通ると、立ち止まってじーっと見る友人の子。

飲み物の種類が多いことと、
大好きなカルピスソーダが売っているのが
うれしくてたまらないのだとか。

 

私たち日本人にとっては、当たり前の存在(風景)が、
アメリカ人の少年にとっては、トキメキの対象になるなんて!
ちょっと意外で、面白いですよね。

 

今朝、日本経済新聞を読みながら、
「へぇ」と思わず声を上げたことがあります。

 

京都の茶畑が、海外客たちに新鮮に映り、
注目のスポットになっているのだとか。

 

「まるでお寺の石庭のよう」
と感嘆の声を上げている記事が載っていました。

 

—————————————
「何の変哲も無い」茶畑の景観が
観光資源になるというのは
地元の人たちにとって、
まさに「目から鱗(うろこ)」だった。
—————————————
(日本経済新聞The STYLE 2017年4月30日付)

 

今は、「ワイン」という農業資産を誇るフランスの
取り組みをお手本にして動き出しているそうです。

 

また別の話です。

我が家の戸棚。
強力な突っ張り棒を渡して、洋服掛けに使っていましたが、
1ヶ月後には、ずり落ちてしまい、困っていました。

 

「突っ張り棒を支える棒」とやらがあるのですが、
近所のお店には丁度いいサイズがなく、断念。
ネットで調べると、「転倒防止ジェル」がいいと判明。
https://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/8750045s

 

我が家では、耐震用の「転倒防止ジェル」は、
「突っ張り棒の落下防止」として使用しています。

(今のところ、いい感じです! うれしい)

 

自動販売機、お茶畑、転倒防止ジェル、
どれも、見慣れた人や開発した人は、多分想像していなかった
「別の価値」があるということ。

 

自分にとっての当たり前は、
他の方には「当たり前」じゃなかったり、
違う使い方により新たな価値があったり、
するということ。

 

自分自身のことってわかりませんが、
あなたの魅力も、別の人から見たら、
新たな発見があるかもしれませんね。

 

見方を変えるって、簡単ではありませんが、
大きな可能性を秘めていると改めて感じています。

 

PRプロデューサー寺尾祐子のメールマガジン ご登録はこちら  方眼ノート1dayベーシック講座 詳しくはこちら