toggle
2017-04-22

【No.333】人目が気になりますか?

先日、自分でも驚くほどの「嫌悪感」を抱きました。

ある方が、特定の人の目を気にして、
行動に制限をかけている話を聞いたときです。

「人の目を全く気にしていない」
なんて言い切れないに私ですが、
全身にゾワッと何かが走ったことを感じるほどでした。

もしかしたら、
人の目を気にしている自分自身に嫌悪感を
抱いているからかもしれません。

自分自身へのもどかしさもあります。

そして、自分のことを棚に上げて、
人の目を気にして、自分の行動を制限する人に対して、

「もったいない!」

と、強く強く思わずにはいられませんでした。

「誰の人生ですか?」
なんて、不必要に熱くなります(苦笑)

その時は、コーチングセッションでもなく、
親しい人とのただの雑談だったので、
違和感を抱きつつ、別の話に流れていきました。
(リラックスしていたので、
私の素直な感情が出たのかもしれません)

たまたま「ニーチェ」という文字に惹かれて
本棚の本に手が伸びた、哲学エンタメ小説、

『ニーチェが京都にやってきて
17歳の私に哲学のことを教えてくれた。』
原田まりる(著)
https://goo.gl/13Av6r

パラパラ読みながら、
先の「人目を気にして行動を制限する」嫌悪感を
思い出しました。

以前のメルマガ(※)でも引用した箇所もあって、
長いですが、再度引用しますね。
※「迷ったときは、楽な道? 喜びのある道?」
http://flight-ex.jp/bkn40727/kikukaku/196

——————————————
道を選ぶのに、言い訳はいらない。
自分の人生に真剣になることも、
生きることに真面目になることも、
かっこ悪いことではない。

(中略)

人の目を気にせず、自由に生きればいいだけの話だ。
うまくいかないことがあっても、
自分を納得させる言い訳を探すことはない。

『深く考えるすぎるのは厄介な性格だ』。
綺麗事に従う必要もない。
欲しいものを隠す必要もない。

もっとシンプルに子供のように、
欲しいものを“欲しい!”と素直になればいいのだ。

(中略)

『いつも自分自身をいたわることの多いものは、
その多いいたわりによって病弱になる。
我々を苛酷ならしめるものを讃(たた)えよう』
——————————————
(同書)

いい意味でも悪い意味でも、
私の育った場所が、近所の人たちとの距離感が近かったことや
親の影響(父は兄弟で商売をしていた)もあるのか、
人目をとても気にしていた(させられていた)気がします。

大人になってから、
「人の目を気にするのはおかしい。やめよう」
と思ったとき、すっと自由になった気がしました。

誰でもない、自分の人生です。
「人と違ってナンボ」です(笑)

とはいえ今でも、
まだまだ抜けきっていない部分はあります。

けれど自分のために、もっと自由に、もっと素直であろう。

自分を大事にしても、いたわり過ぎず、
前のめりで前進していく、そんな日々がいいですね。

あなたは、自分に自由に生きていますか?

PRプロデューサー寺尾祐子のメールマガジン ご登録はこちら  方眼ノート1dayベーシック講座 詳しくはこちら