toggle
2017-04-21

【No.332】人は慣れる。

今日は、車で往復2時間強、運転してきました。
子どもを大きな歯科病院へ連れていくためです。

3年前は、不安な気持ちを抱えつつ、
運転に緊張して、ビクビクしながら運転した道のり。

「1時間以上も一人で運転するなんていや。自信ない!」
なんて、思い込んでいました。

もともと車の運転は、得意じゃなく、一人では、
約30分以内で行けるところしか、運転経験はなかった私。

何せ運転が「好きじゃない」し、「上手じゃない」(苦笑)

ところが、3年ほど前、息子が激しく転んで
口や口の中の怪我をして大量の出血。
歯の手術をしたことがありました。

病院へ定期的に通うことになったものの、平日の昼間。
今まで運転は、夫に頼っていたものの、
彼の仕事の都合上、毎度毎度、休むわけにはいきません。

電車を使うとかなり面倒そう。
病院まで、車で1時間ちょい。
当然のごとく、私が運転することになりました。

「子どものためだと、できるんだ」
と我ながらびっくり。
今となっては、大した時間でも距離でもないのですが…。

人間って慣れるもんですね。
息子のケガのおかげで、車の行動範囲が広がったくらいです。
(自慢できるほど広がっていませんが。あくまでも過去の自分比)

よく運転する方にとっては、
「何を書いてるの? 運転するだけでしょ」
って思われるでしょうけど(笑)

「苦手」「無理!」
と思っていることも、必要に迫られて、
何度もやっていくうちに、
大変なことではなくなるもんですね。

なんてことを考えながら、運転をしていました。

まさしく「怪我の功名」です。

——————————————-
【怪我の功名】けがのこうみょう

失敗や過失、あるいは何気なくしたことなどが、
偶然によい結果をもたらすことのたとえ。

——————————————-
『故事ことわざ辞典』から

ケガをして、血だらけの息子を見たときは、
言葉にできない不安を抱えていましたが、
おかげさまで、息子の歯も順調です。

偶然にも、
「1時間も運転するなんて無理」
という思い込みを外してくれました。

人は慣れる生き物です。

あなたも、無理!と思っていることも、
何かのきっかけで、「普通」になるかも。

何が、どういう展開を連れてくるのかわかりませんね。

PRプロデューサー寺尾祐子のメールマガジン ご登録はこちら  方眼ノート1dayベーシック講座 詳しくはこちら 
方眼ノートアドバンス講座 詳しくはこちら