toggle
2016-06-19

【No.26】顔の「テカリ」と「ツヤ」。違いは何?

梅雨です。
お肌もしっとり潤いますね。

特に女性の方、お顔のテカリ、気になりませんか?

今、人気の「ツヤ肌」。

ツヤツヤした肌には、肌をキレイに見せ、若々しく見えるだけでなく、色っぽさもあります。

美しい女性の肌は、ツヤツヤです。

この 「テカリ」 と 「ツヤ」 、どう違うのかご存知ですか?

あるメイクのプロに、教えていただきました。

それは、

自分が、テカリと思えば、テカリ。
自分が、ツヤと思えば、ツヤ。

つまり、「テカリ」 か 「ツヤ」 かは、自分次第ということ!

顔が、あまりにツヤツヤ過ぎるなと思ったら、やさしく手で、そのツヤ感を押さえればOK。

なのだそうです(笑)。

思春期からずーっと長い期間、「テカリと戦ってきた私」には、衝撃の教えでした

言葉を変えたら、事実までが変わった感覚です。

まさしく、

「言葉を変えると、現実が変わる」

ですね。

言葉を変えるといえば、
わが家には独特の表現があります。

お洗濯をする人を「洗濯大臣」、
洗いものをする人を「洗いもの大臣」、
と言います(笑)

使い方は、こんな感じです。

「洗濯大臣、これもお願いします!」

「そろそろ、洗いもの大臣しようかな」

「洗いもの大臣、ありがとう!」

私たちが面倒だなと思うことに、ちょっと偉そうな名前をつけました。

同じコトをするにも、気分が変わります。

(参考までに、なにもしない人は「総理大臣」です…)

無理矢理「ポジティブに考えた方がいい」と言いたいわけではありません。

事実は同じでも、表現を変えると、
イメージが変わって、受け止め方も変わるということ。

「何度も失敗し、完成した」
「何度も挑戦し、完成した」

同じようなことを表現していますが、完成までの力強さが、違って感じませんか?

ことばを変えると、現実が変わります。

日常だけでなく、商品やサービスを提供するときも、使えます。

どんなことばを使いますか?

今日の大阪は、お肌がしっとり潤いそうな一日です。
ツヤ肌で、いい日曜日をお過ごしくださいね。

PRプロデューサー寺尾祐子のメールマガジン ご登録はこちら  方眼ノート1dayベーシック講座 詳しくはこちら 
方眼ノートアドバンス講座 詳しくはこちら