toggle
2016-12-21

【No.211】地球も、寒さ暑さは遅れてやってくる。

今日は、冬至。
一年の中で、もっともお昼(日照時間)が短く、夜が長い日。

ということは、明日から、少しずつ日が長くなっていきます。
なんだかうれしい。

冬至や夏至になると、よく思うことがあります。

太陽が出ている時間が最も短い今日が、最も寒いわけじゃない。
これからもっと寒くなります。
最も寒い時期は、1~2月ごろです。

太陽が照っている時間が最も長い夏至(6月20日ごろ)が、
最も暑いわけじゃない。
だんだん暑い日が増えていき、
最も暑い時期は、7~8月ごろです。

この「ズレ」が、人も一緒だなぁと。

いろいろ努力したり、行動したりしても、
すぐに結果が出るとは限りません。

じわーっと、少し後になってから出てくること多々。

その逆もあります。
少しサボったからといって、すぐにサボったことが
わかるとは限りません。

じわーっと、少し後になってから分かってきます。
まるでホコリのように。

似たようなことを以前のメルマガにも書きました。
※2016.7.21「意識」と「行動」のタイムラグ
http://flight-ex.jp/bkn40727/kikukaku/60

だから、努力していること、がんばって行動していることが
すぐに結果が出ないからと、
途中であきらめるのは、もったいない。

今の努力や行動が、すぐに結果に結びつかなくても、
少し遅れて、結果が出てくることは、よくあること。

私たちの住む地球だって、
空気や地面の熱の関係で、すぐには気温に反映されません。

今日のこの寒さは、1~2ヵ月前の太陽の影響しているのです。

「あのときのアレが、私の人生を変えたかも」

「あの挑戦がなかったら、今の私はなかったな」

「軽い気持ちで始めたことが、こんなに豊かな時間をもららすとは」

「あのときの勇気ある選択が、私をもっと幸福にしてくれた」

「がむしゃらに行動しといて、よかったなぁ」

などなど、少し時間が経った後、さまざまな感情で、
今(未来から見れば過去)をふり返ることがあるかもしれません。

すぐに結果がでなくても、じわーっと季節のように
行きつ戻りつしながらも、必ず前進していますから。

きっと多くの方が、
結果が、少し遅れてやってくる体験をしたことがあると思います。
私は、そうでした。

結果はすぐに出て欲しい気持ちはありますが、
すぐに結果がでなくても、
続けていれば、必ず結果はでてきます。
(努力の方向性もあるかと思いますが)

間違いないのは、
前向きな行為を続けることが、
前向きな結果を、じわーっと味わえることです。

そんなことにも思いを馳せた今日の冬至。
今夜は、冬至カボチャをいただきました。

ブログやメルマガを続けるコツがわかる 無料メールセミナー登録