toggle
2016-12-20

【No.210】「いつか」は、きっと「今」

昨日紹介した、
「巧遅(こうち)は拙速(せっそく)に如(し)かず」。

中小企業診断士のIさんから、
「ナイスなタイミングのメルマガに感謝です。」
と、メールをいただきました。

タイトなスケジュールの中、
速さが大事だと腹をくくり、仕上げた仕事によって、
仕事がスムーズに回り、段取りの余裕ができたとのこと。

Iさんにとって、「ナイスなタイミング」のメルマガになって、
私も嬉しいです!

このメルマガが、誰か1人でも何かのヒントになったり、
心の持ちようがプラスになってくれたら、こんなに嬉しいことはありません。

「タイミング」ってありますよね。

同じ言葉でも、以前聞いたときは、ピンと来なかったのに、
年月が経ったり、状況が変わると、心にジーンと響くことも。

タイミングがずれるだけで、感じ方が変わります。

そして、たまに聞く
「今は、そのタイミングじゃないので、またいつか始めます」
というセリフ。

私も、使ったことがあるし、心の中で思ったこと、
何度もある気がします(苦笑)

しかし、その「タイミング」は、一体いつ来るのでしょうね?

忘れられない記憶があります。

私が30歳前後のころ、
大好きで尊敬する英会話学校の先生と、
ご飯を食べていたときのこと。

何かの話から、
「私も、いつか絵をやりたいんですよねぇ」と言うと、
「じゃぁ、すぐに始めれば」
と、いともあっさり返ってきました。

素直な私(?)は、翌月には絵の教室に入って、
絵を描き始め、とてもウキウキしたことを覚えています。
(引っ越しと同時にやめてしまいましたが)

そして、約10年前、ファッションに敏感な友人の紹介で、
初めて東京・南青山の美容院に行ったとき。

独特の雰囲気を醸し出すおしゃれな美容師さんに
髪を切ってもらっていたときのことです。

セミロングだった私。
それなりにカットしていたとき、何かの話から、
「いつかは、ベリーショートにしたいんですよね」
と話をしたら、
「じゃぁ、今日してみる?」
「あっ…、うーん、はい!」
という流れで、急にバッサリ切ることに。

私自身の記憶の中でもっとも短い髪型になりました(笑)
切ってみて、大正解。

何だか急に自由になった気がした瞬間でした。

髪が軽くなったからか、
人目を気にした「女っぽさ」からの解放なのか、
上手く説明できないのですが。

実は、この頃からやっとスカートをはくようになった私です。

つらつらと私の体験談を書いてしまいました。
何が言いたいかというと、

「いつかやりたいな」

と、思っていることは、すぐにでもすると、
きっとすがすがしい気持ちなりますよと。

趣味や髪型と一緒にされたくないような
重大な「いつか」を考えている方もいらっしゃると思います。

それでも、
いつかのタイミングは、「今」かもしれません。

人生、長いようで、短いです。

Iさんの「ナイスなタイミング」から、
昔のことに思いを馳せてしまいました。

2016年の年末。

「いつかやりたいな」と思っていること、
今すぐ、もしくは、
来年早々にやる計画をしてみてくださいね!

「いつかやりたいな」の
具体的にどうしていいのか混乱している、
どう頑張ったらいいのかわからない、
なんとなく自信がない、
というあなた、

よろしければ、コーチングセッションで、私も一緒に考え、
具体的な行動をするお手伝いをしますよ。
(最後は宣伝になってしまいました・笑)

1回に限り、無料セッションをしています。
ご希望の方は、お気軽にこのメールに返信くださいね。

※大阪、京都の方は対面セッション、
その他のエリアの方は、スカイプもしくは電話セッションいたします。

ブログやメルマガを続けるコツがわかる 無料メールセミナー登録