toggle
2016-12-03

【No.193】迷ったときは、楽な道? 喜びのある道?

今日は、最近結婚したお友だちが、
東京から遊びに来てくれました。

お昼は、ちょっとリッチなお祝いランチ。
美しいお料理と景色を味わいながら、3年半ぶりにゆっくりと話せ、
楽しくて、贅沢な時間。

会わなかった期間、ゆるくFacebookではつながっていたものの、
詳しい近況は分かりません。
ご主人とのことや、仕事のこと、昔のことなどなど、話は尽きませんでした。

あらためて、3年半。
毎日、単調に暮らしている気がしているけれど、
話をしていると、お互いに着実に変化しています。

子どもは、とても分かりやすいですけど、
大人も、意外に変化していませんか?
周りの方々も。

大きな選択だけでなく、
日々の小さな選択も、人生を変えていきます。

先日紹介した、哲学をわかりやすい表現で書かれた本に、
道(選択)に迷ったときに、どうすればいいのか、
興味深い表現で書かれていました。

ニーチェのセリフです。
——————————————
“いま自分は、楽な道を選びたくて迷っているのか。
それとも、喜びある道を選びたくて迷っているのか”。

そして、喜びある道を選べばいい
——————————————
『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』
原田まりる・著
https://goo.gl/13Av6r

喜びとは、
——————————————
たとえ苦しみが繰り返されるとしても、
つねに自分自身の殻を破りつづける、
挑戦しつづけることでしか、
得られない喜びがあるのではないかと。

そしてそこで得られる喜びこそ、至高のものである。

楽しさと喜びは、似ているようで別物だ。

つまり楽な道と、喜びある道とは別物なのだ。
——————————————
(同書)

そして、

——————————————
道を選ぶのに、言い訳はいらない。

(中略)
人の目を気にせず、自由に生きればいいだけの話だ。

(中略)
もっとシンプルに子供のように、
欲しいものを“欲しい!”と素直になればいいのだ。
——————————————
(同書)

なかなか、ぐいぐいくるセリフです。

他に、道を決める(選択する)ときの印象的な選択基準を
読んだことがあります。

岡本太郎さんの、次のような言葉です。

「人生の岐路に迷ったら、いつも困難な道のほうを選ぶ」

インパクトがあったので、未だに覚えています。
(細かな言い回しは、違っているかもしれませんが…)

ニーチェと岡本太郎さんの言葉、
ぱっと見たときは、全く違う印象をうけますが、
実は、かなり近い気がしませんか?

東京から遊びに来てくれたお友だちと、
簡単にふり返った3年半。

その間に、1度か2度、
岡本太郎さんの言葉を、思い出すような岐路がありました。
これからは、ニーチェの言葉も思い出せるといいなと思っています。

実際に出来るかどうかは、わかりませんが(苦笑)

ブログやメルマガを続けるコツがわかる 無料メールセミナー登録