toggle
2016-10-20

【No.149】本人しか、スイッチは入れられない。

昨日のスイマーと、カボチャの話。
http://flight-ex.jp/bkn40727/kikukaku/151

すみません!
カボチャは、火が通ってなくても、水に沈みました。
(たとえ話として、とらえてくださると、ありがたいです)

正確に書くなら、

「自分は、力を入れると沈むスイマーなのか、
何もしなくても沈むカボチャなのか」

ですね…。

今朝、お味噌汁を作りながら、
あれ? 浮いているように見えたのは、下の具材が邪魔してたから?
完全なる思い込みでした。

ちゃんと確認せず、失礼いたしました。

今日は、仕事の合間をぬって、お能の稽古でした。

やーっと心を入れかえ、お能のけいこを家でもするようになった私。
(2年もやっていて今ごろ? 遅いっ! 突っ込みをいれたいところですが)

心を入れかえたきっかけ、お能に対する正直な気持ちは、
以前のメルマガに書きました。
http://flight-ex.jp/bkn40727/kikukaku/144

今までのように、その場しのぎの稽古は、先生にすぐバレます。
今日の稽古では、

「(やっと)稽古しましたね」

と、おっしゃっていただきました。

今まで、ひどかったですからね~。
私の場合、安心するとすぐに気がたるむので、引き続き、淡々と、やっていきたいと思います。

お能の魅力を、体感するその日を夢見て。
続けていれば、その先にきっと何かがあるはず。
その「何か」はわかりませんが、しばらく挑戦することに決めました。

今回、あらためて実感したこと。
よく言われることですが、

「周りがいくら言っても、本人がやる気次第」

私の場合、自分で自分のスイッチを入れるまで、
約2年かかりました。

お陰さまで、お能はやっとスイッチが入ったものの、
まだスイッチが入っていないものがあります。

頭では、やった方がイイと知っていても、
周りからも、やった方がイイと教えてもらっていても、
まだ実際の行動は、やったり、やらなかったり。

完全なスイッチは入っていません。

ふと、先月読んだ本にあった、デザイナーの「コシノ3姉妹」を育てた
小篠綾子さんのお父さまのセリフが、よぎりました。

—————————————————————–
「いくらでも応援はしてやる。なんなら便所までも連れていってやってもええ。
けど気張るのはお前や。わしが気張ってもこればっかりはあかん」
—————————————————————–
「コシノ洋装店ものがたり」 小篠綾子・著
http://qq3q.biz/yqaE

決して上品なコトバではありませんが、力強くうなずけるセリフです。

自分ですら、スイッチを入れるのが大変なのに、
人が(たとえ親であっても)、人のスイッチを押すなんてことはできません。

———————————
「人にものを教えることはできない。
みずから気づく手助けができるだけだ。」
———————————
『人を動かす』D・カーネギー・著 山口博・訳

300年以上もむかし、ガリレオの言葉だそうです。

アドバイスを求めていない子どもや、自分以外の人に
「~しなさい!」
「~した方がいい」
と言っても、あまり意味はありません。
逆効果になる可能性の方が、高そうです。

(注:アドバイスを求められているときは別です)

自分のことを棚にあげて、
人に言わないよう肝に命じます。

ブログやメルマガを続けるコツがわかる 無料メールセミナー登録