toggle
2016-10-21

【No.150】「そうかぁ。今を乗り越えたら、すごい力がつくね」

今日の午前中は、
幼稚園で今月末に開催するフェスタのため、
クラス単位での準備作業。

我がクラスの保護者は、今年、スーパーボールすくいを担当。
クラスのママたちで、すくう道具を準備していました。

金魚すくいの時に使う道具(ポイ)と同じモノです。

丸い輪っか部分が開け、そこに丸形にカットされた薄紙を置き、
挟んでいくという仕組み。
こんなモノです↓
http://www.eventec.co.jp/product/0908.html

1,000個を約25人で、手分けし、ひたすら紙を挟んでいきます。

手を動かしながら、近くに座ったママたちとおしゃべり。
なかなか楽しい時間でした。

編み物や、縫い物など、手仕事をしながらのおしゃべりって、
意外に楽しいものです。

視線は、作業中のものに注がれていますので、
おしゃべりの内容に没頭し過ぎず、
逆に本音も言いやすかったりする気がします。

昔の人は、洗濯しながら、水くみながら、ご近所さんと
こんなコミュニケーションをひんぱんにされていたんでしょうね。

話は変わり、
7年前のメモ帳を手にとって、パラパラをめくっていたら、
こんな走り書きに再会しました。

————————————————-
「そうかぁ。今を乗り越えたら、すごい力がつくね」

Oさんのコメント力、すごい。
————————————————-

30歳くらい年上のOさんと、私と同年代数人とで
多分、近況報告をしていたときです。

Oさんの発言に、近況報告した方のハッとしたような顔が
印象的で、私は思わずメモったような記憶があります。

——————————————–
「そうかぁ。今を乗り越えたら、すごい力がつくね」
——————————————–

相手をそのまま受け止め、
特別にぐたいアドバイスをするでもなく、
「見守り型応援」のような発言。

乗り越えたら、すごい力がつくけど、
乗り越えるのは自分次第だし、
乗り越えることを強制もしていません。

何よりも、相手に、
少し高い目線(乗り越えた先の自分)を与えています。

今は大変だけど、
もし、乗り越えられたら、
ご褒美は「すごい力」で自分へ返ってくるよ、と。

昔の人たちは、お互いにしゃべることで、
自然にカウンセリングや、コーチング、お悩み相談して、
感情を発散したり、共感しあったり、知恵を共有したりしてたのかな。

幼稚園ママたちと、手作業し
すっかり忘れていたメモを偶然読んだ今日。

雑談しながら、Oさんみたいなセリフが、
サラッと言えたらいいなと振り返ったのでした。

PRプロデューサー寺尾祐子のメールマガジン ご登録はこちら  方眼ノート1dayベーシック講座 詳しくはこちら 
方眼ノートアドバンス講座 詳しくはこちら