toggle
2022-02-04

「一度だけ」ルール【タスク ルール】

自分のルールとして、最近
もっと強化しよう!
と思っていることがあります。

それは、
「一度だけ」ルール

なんのこと?
って感じですよね(笑)

カンタンに説明すると、
「後でやろう」
「後からゆっくり読もう」などの

“後回し”を無くすということ。

カンタンなものでいえば、
ポストに届くチラシや郵便物。

極力、1度しかさわりません。

不必要なものは、
そのままゴミ箱に入れます。

すぐに判断できないものは、
まずは封筒からすべて出し、

中身を見て、捨てたり、
大事なものコーナーに置いたり、

新聞は当日分のみテーブルの上
などとしています。

子どもが学校からもらってくる
プリント類も同じです。
(毎日のようにある気がする)

気を抜くとすぐにテーブルに積まれるので、
「誠意努力中」と感じでしょうか。

 

探しものって、時間をとってもムダにしている

形があるものだけでなく、
仕事やプライベートの連絡も同じです。

(現在、特にこちらに力を入れています)

メールやLINE、メッセンジャー、
チャットワーク、スラックなど、
日々さまざまなところから連絡が入ります。

今、改めて、書き出してみて、
連絡する手段って、
こんなにあるんですね。

「連絡が入ってる。なんだろう?」

と思って、中身をサラッと読み、

「後から落ち着いて
 連絡しよう」

なんて思っていると、
忘れちゃうことってありませんか?

たとえ思い出したとしても、

「どこに連絡が入ってたんだっけ?」

「何か返信しなくちゃいけないものあったけど、
 なんだったっけ?」

「誰か、画像を送って欲しいって書いてたけど、
 どこからの依頼だっけ?」

などと、思い出すことも、探すことにも
時間がかかることも。

探しものって、
時間をとってもムダにしている
気がしてしまいます…。

探している途中に、
別の連絡の返信もしていないことに
気がついて、

そっちを返信してたら、
探していることを忘れてしまったり(汗)

(書きながら、めちゃくちゃ恥ずかしくなってきた…)

がんばり中の「一度だけ」ルール。
適用の仕方は、こんな感じです。

  • いらない情報はすぐに削除。
  • 数分で返信できるものは、
    その場で返信する。
  • 他の方にお願いできたり、
    誰かに確認が必要だったりするものは、
    その場で送る。
  • 時間がかかりそうなことは、
    自分のタスクに追加して、
    忘れないようにする。

まぁ、カンタンに書いてしまえば、
その場で処理できるものは、
やっちゃうってことです。

「一度だけ」ルールがあると、
むやみにメールチェックをすることは
激減します。

なぜなら、
一度だけしか触らないのだから、
そのメールを見ちゃったら、
処理をしないといけないから。

返信する余裕もないのに、
「メールを見るだけ」は、
ルール上は許されないのですよ。

だから、
「今から一つずつ処理するよ~」
と時間をとって
見るようにしています。

守れていると、

時間を有効に使え、
気が散らなくなるので、
かなり気に入っています。

とはいえ、
つい、これまでの習慣で、

スマホをさわっているときに、
メッセージを開いちゃう
「事故」はよくありますけど…。

クセって怖いですね~。

なにはともあれ、
時間を有意義に使うためにも、
さくさくモノゴトを進めるためにも、

「一度だけ」ルール

身につけていきます!

なんだか決意表明みたいな
メルマガになってしまいました(笑)

時間は命ですからね。

考える時間、
処理する時間、
楽しむ時間など、

メリハリをつけて過ごすこと、
意識しています。

少しでも参考になったら嬉しいです。
 

 

PRプロデューサー寺尾祐子のメールマガジン ご登録はこちら  方眼ノート1dayベーシック講座 詳しくはこちら 
方眼ノートアドバンス講座 詳しくはこちら