toggle
2021-03-25

ヨガから学ぶ情報発信【情報発信 目的】

週1回、zoomで受けている
プライベートのヨガレッスン。
予想以上にいいです。

コロナに関係なく運動不足でしたから、
体を動かす気持ちよさはもちろん、

先生との会話や、
体の変化を感じられるのもうれしい。

特にいいなと感じているのが
「意識する」ということ。

自分の意識がどこにあるのか

ヨガの先生からは、
レッスン中に、
こんな質問をよくされます。

「今、どこに効いているか分かりますか?」

体のどこを伸ばしているか、
どこの筋肉を使っているか、

それを意識するだけで、
効果が変わってくるのだとか!

同じポーズをしても
効果が違うだなんて、
意識しないわけにはいきません(笑)

なるほど~と納得しつつ、
「学び」と同じだとも
感じていました。

例えば、
セミナーや講座を受講するとき、
「いいこと聞けたらいいな」と、

ぼんやりとした目的で受けていると、
ぼんやりしか吸収できません。

反対に、何か問いを立てて、
受講するとします。

例えば
「さらに今の受講生さんたちの
 満足度を上げるためにはどうしたらいいか」

すると、
そのヒントが得られる確率がグンと上がり、
行動もすぐにできるでしょう。

どこに意識がいっているかで、
得られるものが、
まったく変わってきます。

さらに付け加えれば、
情報発信も同じです。

文章を書きながら、
何を伝えるか、だけでなく、

読者に読み終わった後、
どうなって欲しいのか、

それを意識(意図)するのと、
しないとでは、
伝わり方が違ってくるのです。

どこに意識を向けているのか、
(どこに意識を向けてほしいのか)

それを意識することで
得られるものが変わってくるのは、

ヨガや学び、情報発信だけでなく、

人との会話でも、
お掃除でも、
なんにでも通じることですね。

変化は、
意識することから始まります。

運動や学び、情報発信だけでなく、
自分はどこに意識を向けているのか、

意識の焦点を合わせることで、
もっと深い時間が過ごせないか、

何かをしながら、
別のことに意識が飛んでいないか、

そんなことを自覚すると、
日々、濃い時間になりそうですね。

何かを得たいときや
集中したいときは、

自分の意識がどこにあるのか
意識してみてくださいね!

ブログやメルマガを続けるコツがわかる 無料メールセミナー登録