toggle
2016-08-14

【No.82】勇気とは?

お盆まっただ中。
いかがお過ごしですか?

昨日のわが家は、岐阜の実家で、お墓参りや、
川遊びや魚のつかみ取り(つかみ取りに挑戦したのは子どものみ)に行き、
オリンピックをみながら熱くなっています。

子どもは、おばあちゃんの家へくると
楽しみにしていることがあります。

それは、録画をしたトーマスを観ること(笑)

わが家にはTVがなく、観ることはできないので、
4歳の息子は、ここぞとばかりに観たがります。

今回、観たのは
「きかんしゃトーマス 勇者とソドー島の怪物(モンスター)」。
一緒に観ながら(といっても部分的ですけど)、
感動的なセリフに出会いました。

場面は、モンスターがいるんじゃないかと
臆病になっているパーシーに向かって、
新キャラクターのゲイターが話をするシーンです。

「勇気がある、というのは、
恐がらないことじゃない。

恐がりながらも、
最後までやり遂げることが、
本当の勇気なんだ」

(貨物を運ぶ自分が)恐いと思っても、
荷物を待っている人たちがいるから、
最後までやり遂げられるんだ、というやりとりでした。

ゲイター、いいこと言いますねぇ(笑)。
(注:多少セリフは違うかもしれません…)

「苦手でも、伝えたいことがあるからやれる」

と、言ったある人を思い出しました。
その男性は、人前で話すのは苦手なのですが、
講師の先生を招いて、セミナーを主催。

やり遂げたいと心の底から思えば、
苦手とか、得意とか、
関係ないと言い切った姿は、とても潔く、感動しました。

役立ちたい人がいる、やり遂げたいことがある、
と思っていても、出来ていないことがある方、
いらっしゃるかもしれません。

恐いとか、苦手とかといった感情は、
なくす必要はないようです。

恐くても、苦手でも、
役立ちたい気持ち、やり遂げたい気持ちにフォーカスすれば
「勇気」がわいて、やり遂げられるということ。

私には、勇気があるのか?
考えてしまいました。

あなたはいかがですか?

ブログやメルマガを続けるコツがわかる 無料メールセミナー登録