toggle
2016-08-03

【No.71】朝のイチャイチャタイム。

最近、朝のイチャイチャタイムを作っています。

夫とではなく、4歳の息子とです(笑)

私は、基本的に毎朝早起きして、
仕事をしたり、メールマガジン書いたりしています。

息子は、眠りが浅くなって、私が居ないことに気がつくと、
「ママ~、ママ~、ママ~!」
と、よく寝室から呼んできます。

「イチャイチャタイム」を作る前までの私だったら、
パソコンに向かって、何かしているわけですから、つい、
「ちょっとまって、」
「もう少しあとで~」
とか言ってしまうわけです。

いい文章が浮かんでたり、
あと少しで、メールマガジンを送信できたりするときは、
つい、息子のことが後回しに。

6時過ぎてれば、私も仕事に対してあきらめがつきます。

息子は、赤ちゃんのころから早起きタイプ。
4時台、5時台に、呼ばれると、
子どもはそのまま起きて、一緒に遊びたがります。

「がーん。朝の仕事が、これで出来なくなる~」
と、軽いショックを受ける私。
(そういえば、最近は以前より減って、週に2回前後かも)

そうすると、私は、呼ばれているにも関わらず、
ねばれるところまで、ねばって、
「もう息子が限界かな?」と思うころ、
やっと重い腰を上げて、寝室に向かう…

こんな生活でした。

子どもは、バタバタする朝に限って、機嫌が悪く、
日によっては、
「幼稚園に行きたくない」
なんて言うことも。

それが“普通”だし、
ウチの息子は、朝から機嫌が悪いタイプ
なんて決めつけていました。

ところが、あることをきっかけに、朝は、息子が
「ママ~」
と呼んだら、パソコンの手を止めて、息子のベッドに行くことに決めました。
(きっかけを書くと、また長くなるので、書きたくなったらじっくり書きますね)

呼ばれたら、息子の横にただ居たり、じゃれあったりする。
その時間を
「イチャイチャタイム」
と、名付けました。
今は意識的に過ごしています。

朝のイチャイチャタイムを作ってから、
驚くほど、子どもの機嫌がよくなりました。
もちろん100%とは言いません。

数字で表せるものではないですが、
感覚を数字でいうなら、90%の改善という感じ。

子どもの欲求、気持ちを満たすことで、
こんなに変わるものなんですね。
起きてきたあと、集中して一人で遊ぶこともあります。

私自身も、子どものワガママに対する余裕が、
前よりある感じです。

子どもが呼んだら
「どんなことがあっても手を止めて、向き合う」は、
自信がありませんが、
朝だけはやろう! と決めました。

小さな子どもだけではありません。

元高校教師のお友だちも言っていました。

何かをしているときに、生徒から声をかけられたら、
どんなに忙しくても手を止めることが、
「教育者の鉄則」と、言われていたそうです。

会社での大人同士でもそうですよね。

「ちょっと待って。あとにしてくれる?」
なんて、毎回言われたら、
少しの寂しさを感じますし、
だんだん気軽に話が出来なくなってしまうもの。

「呼ばれたら、全て手を止めた方がいい」
と言いたいわけじゃありません。

つい、目の前のことにとらわれてしまうけれど、
「今の優先順位」を考える。
大切なことは、大切にできたらいいですね。

このメールマガジンを書きながら、
2回、寝室から呼ばれました。

もちろん、すぐにそばへ行きましたよ(笑)

5分くらい一緒に横になっていたら、
また、スースーと寝息をたてて、眠った子ども。

お陰さまで、今朝は、
無事、朝の時間にメールマガジンが発行できました!

PRプロデューサー寺尾祐子のメールマガジン ご登録はこちら  方眼ノート1dayベーシック講座 詳しくはこちら 
方眼ノートアドバンス講座 詳しくはこちら