toggle
2016-08-02

【No.70】人生も、仕事も、クローゼットも同じ。

今、私の断捨離師匠である葉子さんのもと、
断捨離仲間たちと一緒に
「毎日、何かを捨て続ける21日間」をトライ中です。

※壇葉子さん

トップページ

21日間、モノと向き合い、
今の自分とはふさわしくないと判断したモノは捨てます。
その捨てたモノをお互いメールで報告し合うというもの。

人それぞれの生活スタイル、考え方が
モノから透けて見えてきて、
これが意外に面白い。

自分一人でやる断捨離もいいですが、
人の断捨離を知ることで、
刺激されたり、客観的になれたりします。

断捨離しなくちゃと、頭で分かってはいるものの、
たくさんのモノの中に埋もれている方は、
お掃除グッズが結構多いのだとか。

自己肯定感を上げたい場合は、
「下着を高級なものにするといい」というお話も。
(下着話は、盛り上がります)

たださえ暑い今の季節。
モノが多いと、ますます暑苦しく、イライラの原因に。

モノが多く、勝手に入ってくる視覚情報の多すぎると、
脳も疲れるようですよ。

———————————————-
人生も仕事も、クローゼットと同じだ。

必要なものと不要なものを区別できなければ、
どうでもいいことで埋めつくされてしまう。

捨てるしくみをつくらないかぎり、
やることは際限なく積み上がっていくばかりだ。
———————————————-
『エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする』
グレッグ・マキューン著  高橋璃子・訳

モノを捨てていく作業は、ただの片づけではありません、

モノと向き合い、繰り返し取捨選択を重ねていく中で、
自分が大切に思っていること、不安なこと、さまざまな発見があります。

今の自分にふさわしくないと判断し、
勇気をもって捨てていく中で、
決断力も養われていきます。

人生も、仕事も、クローゼットも同じ。
お気に入りのモノにかこまれて、
風通しよく、すっきりいきたいですよね。

久しぶりの半強制断捨離な日々。
一人では、気分が乗ったときしかしないので、ありがたいです。
(断捨離しているつもりでも、まだまだ出てきます…)

断捨離メンバーたちに刺激されながら、
今夜もちょいとがんばります。

PRプロデューサー寺尾祐子のメールマガジン ご登録はこちら  方眼ノート1dayベーシック講座 詳しくはこちら