toggle
2016-07-26

【No.63】行動を起こす1年に。

あけましておめでとうございます!

7月なのに、新年のご挨拶をして、
気がふれたわけではありません(笑)
今日は、マヤ暦(13の月の暦)では、新年なのだそうです。

ちゃんと理解しないまま楽しんで使っているマヤ暦のカレンダー。
今日から新しくなり、ちょっとうれしい。

マヤ暦に興味ない方は、
西暦2016年が半分以上過ぎた、
残り約5ヵ月を、

マヤ暦にピンとくる方は、
今日からの1年を、

イメージしてみるのはいかがでしょう。

―――――――――――――――――――――――
長期的に見て私たちが後悔するのは、
「行動を起こしたうえでの失敗」ではなく、
「行動を起こさなかったための失敗」であることが、
研究で示されている。
―――――――――――――――――――――――
『ORIGINALS誰もが「人と違うこと」ができる時代」
アダム・グラント・著 楠木 建・監訳
http://urx3.nu/xlP1

何となく感じている方、
経験則で知っている方も、
いらっしゃると思います。

高校時代、引用したことばと近いことを
学生手帳に書いた、遠い遠い記憶があります。

手帳に書きたくなるくらい、
臆病者だったんでしょうね。

随分昔の話ですが、
今でもときどき、近いことばで
自分で自分を励ましています。

引用した
『ORIGINALS誰もが「人と違うこと」ができる時代』は、
線を引きたくなる場所がいっぱいある、面白い本です。
http://urx3.nu/xlP1

オリジナルな存在となって、実行し、実現していくための
ヒントがたくさん詰まっています。

「いわれてみれば当たり前」のことも、
豊富なデータと事例で、納得しながら読み進んでしまう本。
シェアしたい内容もたくさん!

今回、たくさんの興味深い内容の中から
前出の文章をピックアップしたのは、
先日お友だちと話をしていて、
どうしても、どうしても伝えたくなったから。

メルマガ読者の彼女に、
一歩を踏み出す決心をしてほしいなと、
お節介承知で書きました。

そして、私の友人のように、
行動をした方がいいかなとなんとなくわかりながら、
なかなか一歩を踏み出せない人、
迷っている人がいたら、
本当にそれでいいのか、
もう一度考えてほしいなと思います。

もちろん、私自身にも染み込ませたいなと。

マヤ暦の新年がスタートした今日。

自分の内なる衝動に素直になり、
お互い行動を起こし、いい一年にしましょう!

ブログやメルマガを続けるコツがわかる 無料メールセミナー登録