toggle
2017-05-03

【No.344】「かっこ悪い自分」と向き合う。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2017年5月3日【聴く。書く。伝える。】344号

「かっこ悪い自分」と向き合う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。寺尾祐子です。

 

ゴールデンウィークの今日は、私だけ早朝に東京へ出発。
夫と息子とは、夕方、東京の夫の実家で合流します。

先に東京へ行って、仕事の打ち合わせです。
フリーランスになってから、
休日に仕事することは、全くイヤじゃありません。

むしろ楽しい。
(もちろん家族との時間も大切にしていますよ)

(打合せは、神楽坂の「タイムズカフェ」にて)
http://times-cafe.favy.jp

「千里の道も一歩から」なのだー。

今日は、打ち合わせといっても、
ある仕事が本格的に始まるにあたり、
私の勉強を兼ねたもの。

 

打ち合わせという名の勉強会が終わり、
さっきまで、デキナイ自分、
モノオボエの悪い自分と向き合っていました。

多分、慣れの問題でしょうけど(きっと)。

以前のメルマガで、
「下手くそに始める価値」について書きました。

まさしく今は、
「下手くそな自分という門を通っているとき」

「一流の自分」という門に到達するには、
「下手くそな自分」という門から始めなくては
なりません。

 

「千里の道も一歩から」ですね。

 

なんでも始めるときは、
「かっこ悪い自分」と向き合うことになります。

そうじゃないと、
「かっこいい自分」には到達できない。

 

到達したいことがあるから、頑張れます。

なんて大げさに書くほど、
難しいことじゃないハズなんだよなぁ。

今日やったことは、できるようになったら、
びっくりするくらい簡単なことだと思います(苦笑)

今は、デキナイ自分と向き合って、
必死になぐさめています(笑)

 

歳を重ねると、
「下手くそな自分」と向き合う機会が減ります。
今まで以上に逃げていることもあるかもしれません。

 

淡々とやるしかない。

 

気持ちを切り替え、
そろそろ夫の実家に向き合います。

そういえば、「デキナイ嫁」は、
16年以上ずっと変わらないなぁ…。

PRプロデューサー寺尾祐子のメールマガジン ご登録はこちら  方眼ノート1dayベーシック講座 詳しくはこちら