toggle
2017-03-30

【No.310】喜びを感じるのは、どんなとき?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2017年3月30日

突然ですが、あなたは、自分が
どんなときに
どんなことで、
幸せを感じるのか、知っていますか?

自分のことなのに、
意外にわかってないし、
考えたこともない方、多いです。

移動中や、お風呂に入っているとき、
歯を磨きながらなど
いつでもいいので、考えてみてください。

モチロン今でも。

なぜなら、
自分の価値観や、
自分が大事にしていることを
大事にできたとき、
人は幸せに感じるからです。

知的欲求を満たしているときでしょうか?

仲間とともに何か目標に向かっているときでしょうか?

誰かのために、尽くしているときでしょうか?

難問を解決したときでしょうか?

新しいことを企画しているときでしょうか?

何かの記録に挑戦しているときでしょうか?

今日の午後は、コーチングセッションでした。

クライアントさんが、自然に、楽しく、
自らの力を発揮する話を聴きながら、
大事にしたいことを大事にする大切さを
実感していました。

他の方なら、面倒に感じたり、
自分の利益ばっかり考えがちなところを、
生き生きと行動。

相手の方も、その人の魅力に引き込まれていきます。

それゆえ、結果も出るという好循環。

クライアントさんと一緒に、
職場でのキャッチフレーズも考え
その日の気分で左右されない工夫をしました。

自分が幸せに感じ、
自分の価値観を大事にすることで、
自分も、周りも、いい結果をもたらす。

そんな状態、最高ですね。

余談ですが、5歳の息子は今、かけっこブーム。

毎日のように利用する最寄駅は、
階段も改札も一か所(エレベータはあります)。

幼稚園の帰り(春休み中も毎日、預かり保育に通園)、
駅に着いたら、一目散にドアを出て、
大人たちをかき分け、
一番に改札を出るのが、彼のマイブーム(笑)

とても満足するようです。

自分が何を幸せに感じるのか
なにを大事にしているのか、
一度、考えてみませんか?

ブログやメルマガを続けるコツがわかる 無料メールセミナー登録