toggle
2017-01-28

【No.249】出せば入ってくる= まずは、○○から!

「出せば、入ってくる」
聞いたことある方、多いと思います。

つまり、
「出さないと、入ってこない」

「出入り口」や「呼吸」という言葉も表しているとおり、
どちらも、出すほうが先ですよ、と。

そして、「世界ナンバーワン カリスマコーチ」と称される
アンソニー・ロビンスさんも、おっしゃっています。

『人生の秘訣は、与えること』

もう「知っている」というあなた、実行していますか?

と、書いている、私がまだまだですが…(汗)

知っていても、なかなか実践が難しいことの一つであり、
実感している人も多いと思います。

今年の年賀状。
例年通り、東京に住む、お世話になっていた
文章塾の先生に出しました。

すると、届いた年賀状に、
「今度、勉強会をする広島においでになりませんか?」
とありました。

残念ながら都合が悪い日。
その後、数回やりとりをする中で、
9月に、私が広島へ伺うことに決まりました。

(Y.Hさん、一緒に行きませんか?笑)

「今年こそ会いたいですね」
で終わらなかった、マレな例です(笑)

年賀状を出したから、
先生が日程を出してくださったから、
実現したこと。

また、メルマガをこうして発行することで、
ほとんど連絡が途絶えていた友人から、連絡をもらうことも。

コミュニケーション上手な友人をみると、
「出す(与える)」ことがとても自然で、頻度が高いです。

出すのは、モノだけじゃなくって、
情報だったり、
集まる場だったり、
さりげない気づかいの連絡(コレがうれしかい)だったり。

フットワークがいい。
待つより先に動いています。

コーチングのクライアントさんや、友人たちに、

「ご主人(奥さま)に、お礼を伝えたり、
お願いしてみては?」

というと、前にも書きましたが、よく聞くのが

「負けた気がするからイヤだ」。

心の中で(声に出して?)、
「ちがうーっ!!!」

と叫んでしまう私です。
(分からないでも、ないんですけどね)

まず、自分が先。
そもそも、勝ち負けって、夫婦で何の勝負?

とにかく、出すこと。与えること。
家庭でも、友人同士でも、会社でも、同じです。

道元禅師もおっしゃっています。

『放てば手に満てり』

教えていただいた言葉です。
執着を手放すことで、入ってきますよ、と。

「出す」「与える」とは少し違うかもしれませんが、
手放すということは、出してしまうということ。
決して、「もらう」ことではありません。

多くの方も、
海の向こうの方も、
昔の方も、
おっしゃっています。

出せば入っている。
人生の秘訣は、与えること。
放てば手に満てり。

難しいで終わらせるには、もったいない!
やってみる価値、かなりありそうです。

ブログやメルマガを続けるコツがわかる 無料メールセミナー登録