toggle
2016-11-19

【No.179】マザー・テレサの視線

今日は、マザー・テレサと共に一年間活動されていた
片柳弘史神父さまのお話を聞いてきました。

私は、クリスチャンではありませんが、
幼稚園行事としての講演会があり、片柳神父さまが講師だったのです。

片柳神父さまのお話された、マザー・テレサの魅力のひとつ。

マザー・テレサは、
誰もが「自分こそ、世界で一番マザーから愛されている」と、
感じるまでに、一人ひとりを大切にされていたそうです。

お話をうかがいながら、今さらながらに
人間性の偉大さを感じずにはいられません。

なぜ、「自分こそ、世界で一番マザーから愛されている」と感じるのか?

その答えのひとつとして、
マザー・テレサは、目の前の人と目をキラキラさせながら接することを
挙げていらっしゃいました。

人は、自分にとって価値あるものを目の前にすると、目を輝かせるもの。

マザー・テレサは、
本当にうれしそうな笑顔でお話するのはもちろん、
誰と接するときも、目がキラキラと輝いていらしたそうです。

そんな目で会話をされたら、
自分には価値があり、とても大切に思ってくれてるんだなと
心からうれしくなりそうです。

以前、お伝えした「好き好きレーザービーム」。
http://flight-ex.jp/bkn40727/kikukaku/3

当然ながら、世界のマザー・テレサの足元にも及びませんが、
「好き好きレーザービーム」を、
もっと、もっと、もーっと慈悲深く、温かくした感じなのかと
勝手に想像していた私です(笑)

マザー・テレサには及ばなくても、
「笑顔で、キラキラ輝く目で、相手をみる」
(=それだけ相手に、好奇心や愛情をもつということ)
やってみる価値はありそうです。

お客さま、旦那さま(奥さま)、子どもたち、上司、部下、友人などのに、そんな目で見たら…、
何だか、人生変わりそう(笑)

まさしく、
「言うは易く行うは難し」の世界です。

一番やりやすいのは、お客さまでしょうね。
そして、一番難しいのが、身近な家族なのかもしれません。
教えていただいた、マザー・テレサのことばにこんなのがありました。

———————————–
遠くの人を愛するというのは簡単です。
ですが、愛は家庭から始まるのです。
———————————–

もう一つ。

———————————–
大きなことをする必要はありません。
小さなことに大きな愛をこめればいいのです。
———————————–

今の私の心に響きました。

土曜日の午前中、
思っていた以上にいい時間が過ごせたような気がします。

「笑顔で、キラキラ輝く目で、相手をみる」
あなたは、誰にやってみますか?

【参考文献】
『世界で一番たいせつなあたなへ~マザー・テレサからの贈り物』
『あなたのままで輝いて~マザー・テレサが教えてくれたこと』
『日めくり 超訳マザー・テレサ~幸せはいつも、ささやかなことの中に』
(いずれもPHP研究所刊、文/片柳弘史)

ブログやメルマガを続けるコツがわかる 無料メールセミナー登録