toggle
2016-11-18

【No.178】自分が何にどれくらい集中できるか知っていますか?

ある方が、「よかったよ」と教えてくださった
『自分を操る超集中力』。
メンタリストDaiGo・著
https://goo.gl/xuGQjh

読みやすく、一気に読破。
取り入れたいことが、いくつか紹介されていました。

時間の読みが苦手な私。
ドキッとしたのは、こちら。

————————————————
15分や25分といった「コントロールできる時間」で、
どんな作業を処理できるのかを知ることはとても重要です。

この作業ならこの時間内で収まり、集中力も続いた。
そういった手応えを感じた作業内容について、できる限りメモしていきましょう。

なぜなら、自分が何にどれくらい集中できるのかについて
無自覚な人があまりにも多いからです。
————————————————
(同書)

毎朝、超ざっくりとしたタイムスケジュールは立てていますが、
正直に書くと、大いに役立っている感覚はありません。

切羽詰まっているときは、ブロックのように入れ込むようなイメージで
やっていますが、普段は、まさしく
「何にどれくらい集中できるのか、無自覚」。

頭では知っていましたけど、行動が伴っていない、
やっても続かなかったことの一つ。
経験が積み上がっていないとでも言いましょうか…。

勝手に、こういったことは、男性が得意で、女性は苦手なんじゃないかと
超強引でもっともらしい(?)理由をつけて、逃げていました(汗)

「手応えを感じた作業内容について、できる限りメモ」ですね。

あらためて、重要だと自分に言い聞かせ、
早速、再度トライしてみます。

集中力が持続する時間が短いと悩んでいる人に
オススメの方法と紹介されていたのが、

————————————————
人間の体になじみやすい
「25分+5分サイクル」で成果を積み上げよう。
————————————————
(同書)

というもの。
25分集中して、5分休む。

————————————————
25分間では「1つのこと」に集中してください。

(中略)

「今日は作業に当てられる時間が8時間もある」と思い、
「あれもこれも片づけよう」と考えた途端、集中力は散漫になり、
コントロールできなくなります。
————————————————

他にも、応用編として、「90分+20分」の90分集中して、20分休むという
方法が紹介されています。

休む時間には、ぼんやりニュースサイトなどを見るのではなく、
仮眠や、体を動かすことが秘訣のよう。

他にも、場所のこと、姿勢のこと、習慣のこと、早起きのことなどが
紹介されています。

何をどこまで習慣化できるかは分かりませんが、
まずは、15~25分でやれること一覧でも作ってみようかな。

「こんなことくらいリストにしなくても…」という声が、
自分の中から聞こえなくもない。
ですが、時間の読みが苦手、とか何とか言っているくらいなら、
一ずつでもやるしかないですね(苦笑)。

同じ時間をかけるなら、深く集中したいもの。
仕事のクオリティーを上げ、お客さまに喜ばれ、
自分自身としても、濃い人生を送りたいですから。

ブログやメルマガを続けるコツがわかる 無料メールセミナー登録