toggle
2016-10-14

【No.143】「脳にも情報を」。モノが、モノ以上になるとき。

「那須高原こたろうファームから取り寄せしたから」
と、先日トマトをいただきました。

豊富な色やサイズ。
家族で、いわゆる「フツーにおいしく」いただいていました。

中には、鮮やかな黄色いトマトがあり、カットしてみたらスカスカ。
甘みもあまりなく、
「ふーん、自然なんだから、こんな失敗作もあるよね」
と食べていたわが家。

そういえば、説明書きみたいな紙も入っていたなと、
半分以上も食べてから、やっと手に取ったトマトリスト。

「へぇ、36種類ものトマトがあるんだ。驚きの豊富さ」
(わが家にも15種類以上は、いただきました)

そして、失敗作とか会話していた黄色いのは、
このように書いてありました。

———————————————–
「イエロースタッファー」
パプリカのように中が空洞。肉詰めやサラダを詰めて
———————————————–

「うわぁ、まさしくその通り!
那須高原こたろうファームさん、失敗作だなんて、ごめんなさい!!」

残り少なくなったトマトは、ちゃんとリストを見ながら
「これは、トスカーナバイオレット? うんうん、確かに見た目も食感もブドウっぽい~」
なんて、楽しみながら、いただきました。

やっといただいたトマトの価値を理解し、ありがたさも倍増。

人は、舌だけでなく、「脳」でも味わうと、
また違った感情も生まれ、味わいが一層深くなります。

「ワインは脳で飲む」
なんて聞いたことありませんか?

物語や背景、その希少性などを知ると、
急に価値が上がって感じることは多々あります。

「これは、こんなにイイモノですよ」
という情報を先にお知らせすることで、味わいも満足度も変わります。

時には、感動まですることも。

つまり、モノがモノ以上の価値をもたらしてくれます。

食べただけ、見ただけで、わかる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、そんな方はまれです。

物語や背景、その希少性など
「こんなに価値あるものですよ」
と、お客さまに伝えていますか?

商品やサービスも、ちゃんとその良さを伝えないと伝わらない。
(そんなお手伝いもしています。と、さりげなく宣伝しておきます。笑)

あらためて、実感した出来事でした。

ブログやメルマガを続けるコツがわかる 無料メールセミナー登録