toggle
2016-10-12

【No.141】やっと感情が動き、体が動いた。感情はエネルギー!

やらなくちゃと思いつつ、なかなか身が入らない、
けれど、感情が大きく動いて、やーっとヤル気になった…

そんな気分を味わっています。

お能です。

「わかりにくいものと、とっくみあいをしている。
負け続けているくやしさが、私にある」

先日、お能を鑑賞した後、こんなメモを書いていました。

お能の稽古に行き始めて2年。
お稽古は、自分が謡ったり、仕舞(※)をしたりするのは、それなりに楽しい。

※仕舞(しまい):一曲の見せ場である独立した一部分を舞うこと。

正直に書いてしまえば、年に2回の発表会前後は、熱が入るものの、
その他は、家ではほとんど稽古せず、ダメダメ生徒です。

そして、お能の鑑賞となると…、正直、眠い。
それも、たまらなく…(恥)

能を観に行く前には、必ず先に
ストーリーをざっくりと頭の中に入れておくものの、
少しでも難しい演目になると、チンプンカンプン。

能というのは、演目ごとに舞台背景が変わるわけではありません。
想像の自由が大いに与えられています。

——————————————————
日本画が、多くの余白を残しているのと同じように、
お能の型も、道具の類も、できる限り省略することで、
無限の表現を可能にするのです。
——————————————————
『能の物語』白州正子・著

——————————————————
西洋音楽とまったく逆の発想の音楽。
大事な表現になればなるほど、音のしない空白の部分の意味が重くなります。

能の演技もそのとおり。
最高回転のコマが澄んで動かぬように見えるのと同様、動きの究極は動かぬ表現にいたります。
——————————————————
『まんがで楽しむ能・狂言』 増田正造・監修

先の日曜日、鑑賞席に座りながら、
理解できず、想像力を働かせることもできず、睡魔が襲い、
私には向いていないのかと、帰り道はかなり凹んでいました。

先月は、分かりやすいストーリーで、少々楽しめたことがありました。

「ようやく私も、わかりかけてきた?」
なぁんて思った後だったので、凹み方が一層深い。

どうして、こんなに凹むことに、時間とお金をかけているのだろうと。
くやしさ、悲しさ、なさけなさ、もどかしさ。
こんなものが、ぐるぐると渦巻いていました。
(あきらめて、やめようかなという気持ちも…)

織田信長や豊臣秀吉も、お能には心酔していたといいます。
600年の歳月、日本に残り続けている芸能。

私も感動したい! 幽玄の世界を理解したい!
お能を観ながら、心を振るわせたいーっ!!
日本人である私が、どうしてこんなに理解できないのだー!

という自分に対して、怒りにも似た感情も。

今、抱いている感情をツラツラと書いてしまいました。

と、いうことで、「お能強化月間」を決めました。
毎日、5分でも3分でも、
能に関するものを読んだり、仕舞をしたり、謡うことにします。

強烈なあこがれとか、くやしさなど、
人は感情が大きく動かないと、体は動かない。
身をもって実感中です。

まさしく、
「感情はエネルギー!」。

今朝も、2分30秒くらいの「高砂」の仕舞をしました。
強化月間にすると決めてから、4日目。一応続いています。

私ってば、意地になってるダケ?

ブログやメルマガを続けるコツがわかる 無料メールセミナー登録