toggle
2016-10-11

【No.140】それは、思い込みかも?

勝手に決めつけていないか、
一度考えてみるといいかもと、思ったコトがありました。

大好きな仕事の中でも、苦労するのが、取材先探し。
企画にあった取材先を探すのに、毎月四苦八苦です。

ネットで探すのはもちろん、何人かの詳しそうな方に聞いたり、
気になったお店に足を運んでみたり。

取材先で、記事の内容は大きく変わります。

「取材先が決まったら、7割仕事が終わったも同じ」

ある編集長が、おっしゃっているくらいです。

先日も取材先探しで苦労していました。
探しながら、ふと、自分の「無駄なプライド」を発見。
そのプライドを捨てたら、急に気持ちが楽になりました。

その「無駄なプライド」とは、
「私は、通(つう)な取材先でないとイヤだ」と思っていたこと(苦笑)

もちろん、時にはとても有効なのですが、
読者の方の知りたいことや、企画の内容を考えれば、
「何も、通(つう)な取材先ばかりじゃなくてもいい」。

勝手にハードルを上げて、勝手に苦しんでいました。
自分の変なプライドで、目的を見失っていたようです。

雑誌の編集記者時代から、
「今ごろ、こんな当たり前のこと書けない」
なんて思っていたら、有名他紙で特集を組んでいたことも。

自分の当たり前は、他の方の当たり間じゃない、
自分だけの決めつけや、思い込みがあっただけ? 当たり前じゃなかったの?
と思うことがありました。

「この人は、大人しい」
「これは、難しい」
「これは、きっと理解してもらえない」
「私がいないと、この仕事は回らない」
「私には、柄物の洋服は似合わない」などなど、

日々のさまざまな思い込みが、実は違っていたこと、多々ありますよね?

事実を見せつけられて、一瞬にして思い込みに気がつくときがあります。

そして、何よりも息詰まったときこそ、自分の思い込みに気がつくチャンス。
そんなことを思い出させてくれました。

これからは取材先、サクサク決まらないかなぁ~(笑)

ブログやメルマガを続けるコツがわかる 無料メールセミナー登録