toggle
2016-10-04

【No.133】「ラリー・キングの伝え方の極意」<伝え方の大原則>

こんにちは。寺尾祐子です。

昨日に引き続き、
『“トークの帝王”ラリー・キングの伝え方の極意』から。

深くうなずき、心からそうありたいと思った箇所
「伝え方の大原則」をシェアしますね。

———————————————–
自分らしく、正直に
―これこそが伝え方の大原則だ
———————————————–
「“トークの帝王”ラリー・キングの伝え方の極意」ラリー・キング・著
http://ur2.link/yNyM

 

緊張しているときは、
「緊張しています」と伝えればいいのだそうです。

 

ラリー・キング氏は、初めてラジオやテレビ番組に出たとき、
「緊張しています」と正直に話すことで、
緊張感は消えていったのだとか。
(そもそもの準備を万全にした上で)

 

率直に伝えることで、
自分をよく見せる必要がなくなります。

「よく見せたい」という感情って、
どこまでもつきまとってきますよね。

もちろん私も。
「よく見せたい」からと、
頑張ることはとてもいいことだと思います。

しかし、時には「よく見せたい」という感情を捨て、
偽りのない気持ちをさらけ出すことで、
今の自分を受け止め、いい意味で開き直ることも重要です。

目的を考えて、
自分をよく見せることよりも、
相手を楽しませること、
引き出すことが重要であれば、なおさらです。

よく見せようと頑張れば、頑張るほど、力が入ってしまうもの。

相手は自分の鏡です。
自分がよく見せようとすればするほど、
相手もきっとよく見せようとしてしまいます。

そうすると、結局お互いの距離は縮まらず、
なかなかいい関係が築けないまま、会話が深まりません。

—————————————————————–
自分らしく、正直であることは、人に力を与えてくれるのだ。
—————————————————————–
(同書)

自分らしく、正直に生きている方は、軽やかです。

つくろう必要がなく、
表裏がない、少ないということは、
余分なエネルギーを使わず、生きやすいですから。

だからこそ、自分の力を出し切れるのでしょう。

「好き好きレーザービーム」(※)を出して、相手に興味を示し、
自分らしく、正直に、率直に語る。

※「好き好きレーザービーム」
http://flight-ex.jp/bkn40727/kikukaku/3

ラリー・キング氏が言っています。
話し上手になるための守るべき鉄則は、

自分らしく正直になり、
———————————————–
「相手に興味を示す」ということと
「自分のことを率直に語る」ということだ。
———————————————–
(同書)

忘れずに、強く意識したいと思います。

もう1つ、メールマガジンに残しておきたいことがあるので、
明日に続けますね。
(明日で、終わります)

ブログやメルマガを続けるコツがわかる 無料メールセミナー登録