toggle
2016-09-17

【No.116】自分を貫き、信じる愛。「コシノ洋装店ものがたり」

今日は、世界的に有名なファッションデザイナー
「コシノ3姉妹」を育てた小篠綾子さんの自叙伝のご紹介と感想です。

「コシノ洋装店ものがたり」 小篠綾子・著
http://qq3q.biz/yqaE

土井英司さんの書評メールマガジン「ビジネスブックマラソン」で、
オススメされていたので、手に取った今回の本。
http://eliesbook.co.jp/bbm

NHK朝の連ドラ『カーネーション』で、
近い内容のものが放映されていたらしいので、
ざっくりとした内容は、ご存知の方も多いのかもしれません。

熱く、壮絶な自叙伝に、夢中になって読んでしまいました。

型破りで、自分の思うままに突っ走る姿は、
誰もが共感、納得することばかりではない、と思います。

私がこの本を読んで、特に印象に残ったのは、

「とことん貫くこと」
「つらくても、苦しくても、信じ切ること」。

著者である小篠綾子さんと、そのお父さま、
そして、パートナーや3人の娘たちとの人間模様が、
鮮やかに描かれています。

「好きで決めたことは投げ出せない」著者や3人娘たちのまっしぐらな姿。

————————————————————-
父に「あかん!」と言われたぐらいで、
「はいそうですか」とやめられるような私の夢やない。
————————————————————-
といった、熱い文章がちりばめられています。

お父さんの口癖も深い。
————————————————————-
「自分の人生は自分自身にしか切り拓けへんぞ!」

「薄情も情のうち」

「いくらでも応援はしてやる。なんなら便所までも連れていってやってもええ。
けど気張るのはお前や。わしが気張ってもこればっかりはあかん」
————————————————————-

誰もが、我が子のことを信じているかと思います。

しかし、著者の綾子さんが、3人の娘たちを信じ切る姿は、なかなかマネできそうにありません。
目の前の娘が、もがき、苦しんでいるのを知りつつ、何もしない勇気。

不器用なようにも感じつつも、
考慮の深さ、信じ切る強さと覚悟に、心を揺さぶられました。

————————————————————-
同じ勇気なら、我が娘の力を信じるほうに賭けようと思いました。
父が勇気をもって信じてくれたからこそ、今の私があるのと同じです。
————————————————————-

豪快で奔放な著者。
取り入れることはあっても、決して流されることはない。

人のせいにすることなく、
自分の足で、自分の責任で生き抜く姿は、かっこいいです。

————————————————————-
何かをやらなくては結果は出ません。
その結果がいいほうに出るか、悪いほうに出るか、
そんなことは誰にも判りません。

しかしそれを、自分の責任としてやることが大切なのだと思います。
————————————————————-

熱くなりたい方、信じる力の実例を知りたい方にオススメの本です。

子どもに甘く、やさしすぎる方、
子どものことを黙って見ていられない方は、
衝撃的過ぎて、途中で読めなくなるかもしれません。

ご注意を(笑)

ブログやメルマガを続けるコツがわかる 無料メールセミナー登録