toggle
2016-09-16

【No.115】コントロールできることに集中する!<後編>

今回のメルマガは、伝えたいことが多すぎて長くなってしまったので、
2日間にわけて送っています。

「コントロールできることに集中する<後編>」です。

断られるのがイヤで、ウジウジ悩み、
頭で、動かなくてもいい理由を勝手に作り上げ、
結局、動けなくなる(=動かなくした)ことってありますね。

私も、近い気持ちを味わうことは、もちろんあります。
たとえば、「誠実に食の仕事をしている人を応援したい!」と、始めた
『「食の仕事人」に会いにいく』というインタビューブログ。
http://ameblo.jp/shokukenkyu/
(しばらくお休み中です)

インタビューするお相手は、知り合いの方だけでなく、
私のことを全く知らない方にもお願いしました。

雑誌や新聞に載るわけでもなく、ただの個人ブログです。
お願いするときは、勇気が必要でした。

どこの馬の骨ともわからない人から、インタビューをお願いされて、
引かれるんじゃないか、
迷惑なんじゃないか、
忙しいのに貴重な時間を奪おうだなんて、非常識だと思われるんじゃないか、
などと、妄想は、どんどん膨らむわけです。

しかし、そんなことにひるんでいては、前に進みません。
もともと私が勝手に、少しでも多くの人に知ってほしい、
紹介したいと始めたブログです。

イヤなら断ってもらえばいいのですから、
私は、自分が話を聞きたい、みんなに知ってほしいと思う方にお願いするだけ、
と開き直って、行動することにしました。

相手の気持ちはコントロールできないけれど、
自分がコントロールできるコトを最大限やる。

少しでも、自分のことをわかってもらおうと、
企画書をまとめて、先方に話をしながら見せることはできます。

勇気を持って、エイ! と行動すると、
びっくりするくらいにあっさりと、
「いいですよ」
と言ってもらえました。

取材のお願いに関しては、仕事もひっくるめて、
イヤな思いをしたことがないといえば、ウソになります。

ただ、老舗だったり、ちゃんと実績を上げている会社や人だったりするほど、
事情があって断られることはあっても、
イヤな対応をされたことは、滅多にありません。

イヤな対応をされたら、一消費者として1人不買運動をして、
誰かにグチるだけです(苦笑)
(グチを言う=悪い口コミですね。恐いですよ~笑)

人も会社も、イロイロですから。

コントロールできることに集中するというのは、
アメリカのオリンピック選手(水泳)も、意識しているのだそうです。

新聞に書いてあったと、ある方が教えてくださいました。

アメリカでは、オリンピックでのメダル数は目標にしないのだとか。
それはなぜか?

たとえ自己ベストの記録を出しても、もっと記録のいい選手がいたら、
メダルがもらえなかったり、色が変わってしまったりするから、だそうです。

つまり、メダルはコントロールできない。
けれど、自己ベストを出すことに集中することはコントロール可能です。
コントロール可能なことに、集中するわけです。

結果的に、アメリカは多くのメダルを手にしました。
コントロールできないライバルよりも、
自分に集中していたということですね。

とても重要なことなので、私自身も心に刻みたいと思っています。

コントロールできることに集中する。
軽やかに行動するためにも、心に留めておきたいですね。

ブログやメルマガを続けるコツがわかる 無料メールセミナー登録