toggle
2016-09-02

【No.101】自分に命令してみる。

昨日、本メールマガジンが100号を迎え、
何人もの友人たちからお祝いメッセージをいただきました。

ありがとうございます!!!

心新たに続けていきまする。
(まだ返信ができてなくてスミマセン)

「はじめれば、はじまる!」
と始めた本メールマガジン。

出すなら日刊と決めていましたから、
一応は大きな覚悟があったわけです。

もともとは、長い期間、ウジウジとグルグルと
こんなことを思っていました。

「ブログをもっと書いた方がいいとは知ってるけど、
なんか書けない」

「メールマガジンを発行した方がいいとはわかってるけど、
ブログすら書けないのに、ムリムリ」

こんな自分に嫌気がさしていたころに見つけた、あるブログ講座。
詳しい金額は覚えていませんが、20~30万円したかと思います。

金額が金額だけに、内容もかなり充実していました。
自分に嫌気がさしていましたから、お金を払って解決できるなら、
思い切って、講座に行ってしまおうと考えていました。

その講座に行けば、なんとかなる。
=お尻をたたいてくれて、なんとかしてくれるだろう。

今思えば、他力本願に近い、
解決してくれる場(=青い鳥)を探していた状態。

申込みをする寸前、
ビジネスの師匠であり、ある講座の仲間でもある友人に、
ブログ講座の話をしたら、

「え? そんなん行かずに、書いたら?」

「しばらくしたら、“書けなかった私が書き続けているメルマガセミナー”
でもやってみるとか?(笑)」

同じような時期に、
何人かの日刊メールマガジンを発行している方と出会い、
「私にも書けるかも?」と、いい洗脳をされつつありました。

日常では、秋からイギリスの大学院へ行く妹の、
必死な勉強っぷり、びっくりするくらいの高い熱量に、
いい影響を受けていました。

さらに、13年近く日刊メールマガジンを発行している
メルマガの大御所が、次のようにおっしゃっていたんです。

「メルマガは、知的遊戯ですよ」。

これも、私には響きました。
どこか苦行のように感じていたことがが、知的なお遊戯とは!!

私にとって、新しく、斬新な視点でした。

同じ事実でも、新しい解釈が加わることで、やっと
「やってみたい!」って思えることができました。

メールマガジン発行の決意後は、システムの登録・発行手続きに悪戦苦闘。
手間取っていたら、ご近所に住む友人のOさんが助けてくださいました。
こうして、無事5月25日にスタートした次第です。
(Oさん、ありがとうございます!)

こうして振り返ると、さまざまな方や言葉によって、決意することができました。
感謝の気持ちでいっぱいになります。

お金を払って、講座に行き、ナントカしてもらおうとしなくて、本当によかった(笑)

講座に行くことが「悪」といいたいわけではありません。
学びに行くこと自体は、とてもイイコトだと思います。

実際に、別のことで今でも私は学び続けています。
それは、クライアント様に役立つという確信がありますし、
純粋に学びたいという気持ちもあります。

学ぼうという気持ちよりも、なんとかしてくれるだろうという
依存度が高いことに、自分でも違和感を覚えていたのでしょうね。
(知らないことを学ぶ、ブラッシュアップをするなどの自律的な目的ではなかったです)

———————————————————
自分に命令しないものは、いつになっても、しもべにとどまる
(ゲーテ)
———————————————————

決断することが、人生を動かしていくことを
今回改めて感じています。

覚えておきたい感覚です。

ブログやメルマガを続けるコツがわかる 無料メールセミナー登録