toggle
2022-04-19

「ガマンならぬ!」【情熱 ありか】

あなたは、
自分自身や誰かに対して、
または、社会に対して

「もー、ガマンできない!!」

なんて感じることはありますか?

 

この「ガマンできない!」という感覚、
一見、ネガティブであり、
あまり歓迎できるものでないように感じます。

心地いいものでもありませんしね。

とはいえ、
ふりかえってみてください。

 

「変わりたいのに、変われない」

これまでに、あなたが、
自分自身に対して、

「ガマンできない!
 こんなのは許せない(イヤすぎる)」

という強い感情によって、
ご自身が突き動かされたことはないでしょうか?

なにかしらの不本意な結果だったり、

部屋の散らかりだったり、

自分の体型だったり、

ご自身の実績だったり、

睡眠不足の日々についてだったり、

特定の人とのコミュニケーションだったり、

そのときにいた環境だったり、

できないことに対する「痛み」だったり。

さまざまな「ガマンできない!」が、
ご自身を変化させた、
「きっかけ」になったことって、
ないでしょうか?

面白いのが、
ある人にとっては、
「こんなのガマンできない!」が

別の人にとっては、
「これくらいならイイかなぁ」と、

人によって基準が違うこと。

その違いによって、
個性が出てきたり、
その人の情熱のありかが分かります。

お部屋の散らかりとか、

体型のこと、

待ち合わせ時間など、

人によって基準がまったく違いますからね。

今日は、
何をお伝えしたいのかというと、

=========================
人は、ガマンできないものを変えていく。
=========================

ということ。

書いてみれば、
至極当然です(苦笑)

だから、逆から考えれば、
「変わりたいのに、変われない」
と思っていることがあったら、

もしかすると、それはまだ

「ガマンできる範囲だから」

ということになるのかもしれません。

こんなことを書いたのも、
ある方から、
「情熱の方程式」を伺ったから。

============
愛情×怒り=情熱
============

だから、情熱がある方って、
その情熱に関することで
怒っていること、多くないですか?

この「ガマンできない!!」という感覚、
決して気持ちいいものではないですが、

「ガマンできない!」は、
あなたの原動力の
カギを握っているともいえます。

敏感になると面白いです。

うまく利用して、
ますます行動に結びつけてくださいね。

 

PRプロデューサー寺尾祐子のメールマガジン ご登録はこちら  方眼ノート1dayベーシック講座 詳しくはこちら 
方眼ノートアドバンス講座 詳しくはこちら