toggle
2022-04-12

毎日続けても上達しない?【ノート術 言語化】

続けることは大切です。

どんどん成長されている方や
結果を出されている方とご一緒すると、
しみじみ思います。

変化される人と、そうじゃない人の差は、
「続けているかどうか」は大いにあります。

ただ、多くの方が実感されている通り、
それだけではないですよね。

例えば、
メイクだって、

毎日メイクしているからって、
日々上達しているか?

といったら、そうでもありません。

食事だって、
毎日何かしらを食べていますが、

日本人全員が、
お箸の使い方が上手なわけでもありません。

毎日お箸を使っていても、
「正しく」持っていない人も、
箸を使いながら食事をポロポロこぼす人もいます。

つまり、回数だけの問題じゃない、
ということです。

大事なのは、意識しているかどうか

では、何が問題になってくるのか。

大事なのは、
意識しているかどうか、です。

例えば、
メイクだったら、
ただ塗ったり、描いたりするのではなく、

眉毛はどうしたらバランスがいいのか、
目を大きく見せるには、
何をどうするのか?

こんな感じにチークを入れると、
いい感じ? などなど、

うまくメイクしようという意識がなければ、
上達はありません。

意識をするから、
気付いたり、
疑問をもったり、
他の人のメイクを参考にしたり、
学んだりするわけですよね。

箸だって、
正しい持ち方をしていなかったとしても、

意識をしていなかったら、
改善することはありません。

回数は大事ですが、
意識をしなければ、
何も変わらないのです。

進化するために重要なのは、

よりよくするにはどうしたらいいのか?
と、考えているかどうかです。

結局、
理想の状態とのギャップを
埋めようとしているか、ということ。

意識していなければ、
気づかなければ、
まな板に載せることもできませんから。

その内容が、自分にとって
大切なことだったら、
オススメの行動があります。

それは
「ノートに記録をしていく」

活躍しているスポーツ選手、

野球の大谷翔平選手や
サッカーの中村俊輔選手なども、

ノートを書いているという
有名なエピソードがあります。

ノートに書く(言語化する)ことで、
自分の現状を俯瞰しやすくなりますから。

強化したいと思っていることは、
毎日(頻度高く)行うだけでなく、

どこをどうしたらもっと良くなるのか、
そんなことにも強く意識する。

さらに、それらを記録して、
改善していくことです。

理想の状態に近づくために、
意識してみてくださいね!

 

PRプロデューサー寺尾祐子のメールマガジン ご登録はこちら  方眼ノート1dayベーシック講座 詳しくはこちら 
方眼ノートアドバンス講座 詳しくはこちら