toggle
2022-02-18

怒りの理由【感情 分析】

ちょっとした雑談から、
「なるほどね~」と
思ったことがあったので、
今日は、そのお話をシェアしますね。

 

 

シェアするその前に、
ホヤホヤのお話です。

帰りの電車を待っていると、
電車が30分くらい遅れて到着し、
さらに、なかなか出発しない。

アナウンスでは、
「まもなく出発します」
と言ってるのに…。

その間にも、
どんどん人が乗ってきます。
50~60代くらいの立っていたおじさまが
「早く閉めろっ!」
と、怒鳴りました。

 

 

別の話です。
4人で雑談をしていました。

そのうちの2人は、
とてもよく気が付き、
配慮ができるタイプです。

その2人がそろって、
「怒ることは、ほとんどない」
と言うではないですか。

Aさんは、友だちに対しても、
家族に対しても、ほとんど怒らない。

ただ、一緒に仕事をしている
Y氏(Aさんの上司にあたる方)に対しては、
すぐに怒りを感じるし、

「沸点がめちゃめちゃ低い」
のだそうです。

理由を聞くと、
こんな返事が返ってきました。

「基本、人には期待してない。

 ただY氏には、
いい仕事をして欲しいから、
すぐに怒っちゃう」
(どっちが上司なのか分からない関係が面白い)

すると、
もう一人の怒らないというBさんも
次のようなお答え。

「期待してないし、
怒った先の先の先を考えたら、
ムダだなってわかるから」

これまで、私自身には
次のような言葉は頭にありました。

期待は失望のはじまり

今回のことで
次の言葉が加わりました。

期待するから怒りの感情がわく。
期待は怒りのタネ。

 

今後、怒りの感情がわいたら、
一つ冷静な自己分析ができそうです。

「あぁ期待していたんだな」と。

それによって、
怒りは収まらないかもしれないけれど、
自分から少しで離れてみることはできそうです。

 

 

何年か前に、
断捨離トップトレーナーの檀葉子さんに
「信じて期待せず」
という言葉をいただきました。

期待するから、
怒り、失望、寂しさなど、
ネガティブな感情が出てきます。

先の、出発しない、
ドアも閉めない電車に対して
怒鳴ったおじさんも

「まもなく出発する」って、
何度もアナウンスがあったら、
期待しちゃったのかな。

そんなことを感じた今日でした。

今度、怒りの感情が沸いたら、
自分を観察してみようと思います。

あなたの参考になったら幸いです。

 

PRプロデューサー寺尾祐子のメールマガジン ご登録はこちら  方眼ノート1dayベーシック講座 詳しくはこちら 
方眼ノートアドバンス講座 詳しくはこちら