toggle
2022-02-15

粘るか、あきらめるか。【情報発信 コツ】

■粘るか、
あきらめるか、
迷うことはありませんか?

■「粘ってよかった!」
PRの仕事をしていて、
最近、しみじみ感じたことです。

正直な話、PRでは、
順調にメディアに出るお客さまと
そうでないお客さまがいらっしゃいます。

人や商品が、
いいとか悪いとかの話でなく、

メディアにウケやすいもの、
そうでないものがありますし、

時代の空気感のようなものにも、
起因してきます。

(切り口を変えて、メディアが
取材したくなるようにするのが、
重要なカギなんですけどね)

メディアに、なかなか続けて
出られなかったお客さまが、

ここのところ立て続けに、
ラジオや新聞、WEBメディアからも
依頼が入って、とてもいい感じ。

ありがたいです。

粘ってよかった…。
新聞にいたっては、
先方から一度ご連絡いただいてから、
3ヶ月が経っていましたからね。

「誠実に、ズーズーしく」と、
心の中で何度つぶやいたでしょうか(笑)

 

文章の価値はこちらで決められない

■別の話です。

先日、ブログを続けるコツの
ワンポイントアドバイスを
させていただきました。

それは、
「あきらめること」

多くの場合、情報発信が
続けられない方の共通点は、
カンペキを目指してしまうことです。

村上春樹さんも
次のようにおっしゃっています。

完璧な文章などといったものは存在しない。
完璧な絶望が存在しないようにね


『風の歌を聴け』

(かっこいい~っ)

と、いうわけで、
カンペキな文章はないのだから、

まずは、そこを
明らかに認めて(あきらめて)、
発信しちゃいましょう!

そもそも、自分が思っているより
他人は気にしてないし、

超人気サイトじゃなかったら、
そんなに読まれていないので(笑)

カンペキはあきらめて、
軽やかに発信しちゃってください!

■「粘ってよかったとか、
 あきらめたほうがいいとか、
 結局、どっちなのよ!」

という声が聞こえてきそうですね(笑)

重要なポイントは、
まずは、欲しい結果は何なのか、
ゴール(夢)を明確にすること。

■PRだったら、
よい商品やサービスをもっと広げて、
お客さまの実現したい世界を
サポートしたり力強く応援すること。

その世界に共感できるからこそ、
私たちチームPRは、お客さまと一緒に
粘り強くアプローチすることができます。

■ブログだったら、
何のために発信するのかを
考えてみてください。

実現したい世界(目的)を
達成するためですよね?

だったら、その達成のために、
カンペキをあきらめる。

日々のブログは、
理想のお客さまと「接点をつくるため」に、
まずは発信することに注力されてはいかがでしょう?

そもそも、文章の価値は
こちらで決められませんからね。

自分ではイマイチと思っても
読み手に響くことがあるかもしれません。
(その逆もあるけど…。苦笑)

■私たちは、
粘るとか、あきらめるとかを
繰り返しながらも

欲しい結果(ゴール、夢)に向けて、
現実を受け入れながら、
コミットして動いていく。

これに尽きるのかなぁ
なんて思っています。

あなたの参考になったらうれしいです。

PRプロデューサー寺尾祐子のメールマガジン ご登録はこちら  方眼ノート1dayベーシック講座 詳しくはこちら 
方眼ノートアドバンス講座 詳しくはこちら