toggle
2022-01-13

決めれば人生動き出す【人生 決める】

講座で受講者さんと話をしながら、
あらためて感じたことがあります。

新しい何かをするときは、
どちらの扉を開くのか、

=================
できることをするのか?
したいことをするのか?

=================

 

100社落ちてもいいから

個人的な話をすると、
30代半ばで
再び就職活動をするとき、

私は、100社落ちてもいいから、
「したいこと」を選択しようと
決めました。

その少し前、
「できること」をして、
収入を得ていたときのこと、

自分の人生について
考えさせられる出来事があったんです。

そのとき、
思い切り自分の人生を生きているとは
思えませんでした。

そして、これまでの自分の選択が
違っていたことに気がついたのです。

だからこそ、これからは、
妥協で選ぶのではなく、
「したいことを仕事にする!」と、
決めました。

私の過去に感謝する
3大決断の一つです。

あの時、
「したいこと」ではなく、
「できること」を決断していたら…

と想像するだけで、
心の奥底からゾッとします。

「したいこと」が仕事にできた
延長線上に今の私がいます。

当時は、自分がしたいことしか
考えられなかったけれど、

今は、もう少し周りのこと、
先のことも考えるようになってきました。

やはり、自分のことだけを考えていては、
幸せになれないことにも気がついたから。

自分のためにしたいこと、
そして、
実現したい世界のために
今、することは何なのか?

遅まきながら
そんなことも考えるようになってきました。

「できること」
「したいこと」

勘違いしないでいただきたいのは、
できることをすることが
悪いと言っているのではありません。

そもそも
できることとしたいことが
一緒ならば理想的です。

特に、自分が実現したい世界のために
できることをすることは、
とてもすばらしいと思います。

私たちは、
「選択し、決める」ことで、
次への扉を開いていきます。

年が変わり、
ふり返りにも、
次なることを決めるにも、
区切りがいいタイミングです。

大きなことだけでなく、
毎日の小さな習慣だって
決めることから始まります。

何か、
「こうしたら人生絶対良くなる!」
という何かを1つでも2つでも
決めていきませんか?

始めれば、始まりますから。

PRプロデューサー寺尾祐子のメールマガジン ご登録はこちら  方眼ノート1dayベーシック講座 詳しくはこちら 
方眼ノートアドバンス講座 詳しくはこちら