toggle
2022-01-12

行動への道すじ【ビジネス 目的】

「そこまで考えてたんですか?」
とか
「そんな先から逆算してたんですか?」
など、

大きな結果を出している方と
お話をすると、前述のような感想を
抱くことがあります。

それもよくあります。

ビジネスに限らず、
映画や小説などでも、

なにげないシーンが伏線と
なっていたり、

ちいさな小道具にも
意図があったりと、

その綿密さに唸ることって
ありますよね。

=========================
すべてが目的(ゴール)と繋がっている
=========================
と、しみじみ感じさせられます。

 

そこには、目的があったはず

体も気持ちも緩んだお休みの後や
イベントをやり切った後、
うまくいかないことが続いたときなど、

「モチベーションが上がらない」

という言葉を聞くときがあります。

「人間だもの」ですね。

それはそれで、
自分自身の状態を受け止めつつ、

そんな時こそ
思い出してほしいことがあります。

=======================
「そもそも、何のためだっけ?」
=======================

そこには、
目的があったはずです。

お仕事としても
生活のため、お金を得るため以外にも

誰かのために、
何かしらを
実現する、達成する(得る)ためなど、

目的なり、理由なりが
あった(ある)はず。

何かしらの行動が止まるとき、
ある共通点があります。

多くの場合、
自分の感情に
フォーカスしてしまっている、
という点です

フォーカスすべきは、
このそもそも論である、
「誰のため? 何のため?」です。

そして!

その目的に向けた道すじ(導線)は、
出来ているでしょうか。

ただ行動するのではなく、
目的に向けた行動となると、

モチベーションがあるとか
ないとかに関係なくなるものです。

なぜなら、
そこに目的(ゴール)があるから。

緻密な行動も
目的があってこそ、です。

2022年となり、
目的やそこまでの道すじを
あらためて考えるにも
ちょうどいい時期です。

ぜひ考えてみてくださいね。

 

PRプロデューサー寺尾祐子のメールマガジン ご登録はこちら  方眼ノート1dayベーシック講座 詳しくはこちら 
方眼ノートアドバンス講座 詳しくはこちら