toggle
2021-11-24

行動できる人と行動できない人の違い【ビジネス ベクトル】

「なぜ、そこまで出来るの?」

自分なら到底できそうにないことを
圧倒的な努力で動き続けられる方を見て、
上記のように思ったことはないでしょうか。

考え、決断し、実際の行動までの
驚くべき速さや、
目を見張るような行動量と軽やかさ。

この2日間で3人の
こんな気持ちになる方にお会いしました。

邪魔しているのは…

3人の共通点はなにか?

誰も意識は自分に向いていない。
自分のためだけにがんばってない。

日本の未来のために
お客さまがより成長するために、
女性がもっと活躍するために。

当然、ベクトルは自分に向いていません。

守りたいものや
達成したいことが明確で、

周りからの評価とか
何を言われるかを気にしていない様子。

かっこ悪いとか、
失敗するかもしれないとか、
そういったことを
恐れて無いんですよね。

そう思うと、
行動できていないときというのは、

かっこよく見せたい、
スマートに見せたい、
うまくいっていると思われたい、
失敗がこわい

自分ばかりに意識が向いています。

自分にベクトルが向いていると、
自分が何者でもないと分かっているから、
少しでも強く見せたくって、
そうすることで動きが鈍くなってしまう。

自分がそうだったから
よーく分かります。

自分を守っているつもりが、
自分の邪魔している状態です。

先日おこなった講座中も、
受講生さんと

「邪魔しているのは、
 自分しかいなかったね(笑)」

という話になりました。

最大の応援者であり、
最大の障害になるのが、
自分自身です。

そんな不安定な自分自身でも、

人からの評価を気にしないで、

自分が出来ることは全てやる。

「自分が出来ることは、
なりふり構わず全てやる」

こんな覚悟があったら、
未来は間違いなく
これまでよりもいい方向へ
向かうでしょう。

すてきな方々とお話すると、
こちらまで、どんどんやっていこう!
という気持ちになります。

行動が鈍ったなって思ったら、

今、どこを見ながら行動しているのか
一度、自分に問うてみてくださいね。

PRプロデューサー寺尾祐子のメールマガジン ご登録はこちら  方眼ノート1dayベーシック講座 詳しくはこちら