toggle
2021-10-18

書く前に意識してほしいこと【ブログ 書き方】

お客さまの情報発信をチェックしながら、
「うーん、惜しい…」
と思ったことがあったので、

何が、どう惜しかったのかを
今日はシェアしますね。

幹をビシッと明確に

内容は悪くないし、
文章は上手。

でも、なんだか弱い。

なぜか?

大切なことが伝わってこないから。
それは、

====================
誰のために書いているのか?
なんのために書いているのか?

====================

細かくは、もっとあるけれど、

まずは、この大事な「幹」が見えてこないと、
せっかくの文章もイキイキしてこない。

書き手の
====================
◯◯な人の、△△をなんとかしたい!
◯△のために、力を尽くしたい!

====================
というのが伝わらず、
文章から伝わってくる温度が低いのですよ。

毎回、暑苦しい文章を書く必要は
ないかもしれないけれど、

あまりに文章の温度が低いと、
発信者が、書きたいことを書いているだけ、
になってしまう。

いいことが書いてあっても、

「ふーん」

で終わっちゃいかねません。

読み手を動かすパワーに欠けると言いますか。

伝わってるかしら?

そのためにも、
====================
誰のために書いているのか?
なんのために書いているのか?

====================
という幹をビシッと明確にしてください。

書く前に、これらを確認してから書くと、
意識しないで書くよりも、
文章にパワーが宿りますよ。

お客さまの文章を読みながら
「もったいない感」が拭いきれず、
本日のブログとなりました。

基本的なことですが、
日々情報発信をしていると、

当たり前になって、
「発信するための文章」に
なっている方もいらっしゃいます。
(コレ、結構多い…)

それでは書いている方自身も、
読んでいる方にとっても、
時間がもったいない。

====================
◯◯な人の、△△をなんとかしたい!
◯△のために、力を尽くしたい!

====================

そんな自分の原動力を思い出してくださいね。

意図しない限り、
相手には伝わりませんから。

PRプロデューサー寺尾祐子のメールマガジン ご登録はこちら  方眼ノート1dayベーシック講座 詳しくはこちら