toggle
2021-10-12

好きなことをひとつやるために【ビジネス 大事なこと】

難しいわけじゃない。

大事なことだと分かりつつ、
得意じゃないことは、
つい後回しにして進まない…。

こんな状態に陥ることって
ありませんか?

 

日(ひ)の目を見るための九十九

直木賞作家の東山彰良さんが、
以前、次のように書かれていました。

(ここから)

好きなことをひとつやるためには、
好きではないことを
九十九もやらなければならない。

ときにはなんの意味も見出せない
その九十九のしがらみが、
本当に好きな
たったひとつのことを支えている。

実のところ
幸運と悪運は仲のいい兄弟のようなものだ。

どちらも物事を変える力も持っていて
どちらも九十九の憂うつのうちの
ひとつに過ぎない


(「九十九の憂鬱」日本経済新聞2019年6月2日付)

※一部を抜き書きしています。
 私のメモを写しているので、
 句読点の位置など、違う箇所があるかもしれません。
 ご了承くださいませ。

たまに次のような方にお会いします。

「私は、◯◯を伝えたくて
 起業したのに、

 ブログやS N Sをしている
 時間の方が長くて…。

 ときどき、どうして
 こんなことしているんだろう?
 って思います」

特に、これまで情報発信をしていなくて、
好きではなかったら、
こんな気持ちに
なってしまうかもしれません。

しかしながら、
何事も両面あり、

目的地にたどり着くまでの
道中があります。

まさしく、
好きなこと(やると決めたこと)を
するための

それを支えるたくさんのことが
必要になってきます。

駄々をこねる子どものように

「買って、買って~!」
と叫んでも

「イタイ大人だなぁ」
と思われてスルーされるだけ。

どんな華やかに見える仕事でも、

「仕事って地味だよなー」

と、感じることはあると思うんですよね。

日(ひ)の目を見るための
九十九が必要なんだなぁと。

今日、「九十九の憂鬱」について
取り上げたのは、

私が特に得意じゃないことが、
今、続いているから(苦笑)

「すると決めたこと」を
支える大事なことだと、
言い聞かせておりますです。

私と同じような方、
今後は楽にする方法を考えつつ、
まずは、一緒にがんばりましょう!

 

PRプロデューサー寺尾祐子のメールマガジン ご登録はこちら  方眼ノート1dayベーシック講座 詳しくはこちら