toggle
2021-08-02

唯一無二の存在って…【独自のポジション 築く】

誰だって(私だって)
唯一無二の存在でいたいもの。

家族や仲間、恋人同士など、
深いつながりがある方は別として、

仕事(社内とか業界内など)において
唯一無二の存在でいるために、

いわゆる「独自のポジション」を
築くためには、どうしたらいいのか?

あなたが、
「唯一無二の(特別な)存在だなぁ」
と思う方はどんな方でしょうか。

そして、その方は、
なぜ、唯一無二の(特別な)存在に
なったのでしょうか?

常識や当たり前とは、違うことを常に考える

大体において、
次の3つのパターンが考えられます。

  • 自然にできている(天然タイプ)
  • 偶然(タイミングや時代の変化などで)そうなった
  • 意図的、戦略的に狙った

自然にできているとか、
偶然は、なかなか狙えるものでは
ありません。

そうなると、
3つ目の意図的、戦略的にいくしかない。

「そんなこと、分かっていますよ」
なんて声が聞こえてきそうです。

「戦略が分からないから、
 困っているんです!!」

と、いう声も(苦笑)

どうしていいのか分からない場合でも、
コレだけは意識しよう!
というものがあります。

それは、
「人と違うことをしようとする」
「人と違うことを言おうとする」

つまり、周りと違う
行動や言動をしようとすること。

量とか、質、斬新さ、ニッチさなど、
とにかく人と違うことを狙っていく。

少しでも
「コレ(この路線)いいかも?」
と思ったら、とことんやってみる。

これに尽きる気がしています。

まぁ、先の3分類の2つ、
天然タイプとか、偶然とかで、
独自のポジションとなっている場合も、

とどのつまりは、
「人といかに違うか」であり、
結局は、3つとも共通しています。

多くの場合は、
意図的に、戦略的に
独自のポジションを築くしかありません。

だからこそ、
常識や当たり前とは、
違うことを常に考える。

そのためにも
外側(遠く離れたところ)から
業界全体や自分自身を見ることが
必要なのです。
(そうじゃないと、気付けないから)

10年以上前からの知人が、
独自のポジションを築いている話を
じっくり聞きながら、
こんなことを考えていました。

あなたはいかがでしょうか?
もしや、

「業界や周りに合わせることしか
 考えてない」

なんてことは、ないですよね?

それだけは、
くれぐれもお気をつけくださいね!

PRプロデューサー寺尾祐子のメールマガジン ご登録はこちら  方眼ノート1dayベーシック講座 詳しくはこちら 
方眼ノートアドバンス講座 詳しくはこちら