toggle
2021-07-29

叶えたいことを深掘りする3つ【ビジネス 原動力】

以前のメルマガでもご紹介した、
実現したいことを
妄想で終わらせないために

「毎朝、叶えたいことを10個書く」

あなたは、書いていらっしゃいますか?

毎朝、ボーッとしているときに
叶えたい10個を書き続けると
現実化する確率が高くなるという話です。
http://gleam-ex.com/L40727/b3/116961

お客さまにも、実践していただいており、
ちょくちょく叶っている報告が届いて、
私もうれしい。
(忘れていた方は、ぜひ復活させてくださいね!)

「どんどん叶って、怖いです!」
なんていう発言もありました(笑)

大きな理由の一つとして、
毎朝、言語化することで
アンテナが高くなり、

小さなチャンスも
キャッチする力がつくから。

常に、意識しておくことが
重要なのです。

自分がなんのためにがんばっているのか

ここまでは以前書いたことと
ほぼ同じ。
本題は、ここからです。

今回は、もっと深堀りをすると
面白いですよ、というお話です。

「深堀り」とは、次の3つです。

  • なぜ、それらを自分が叶えたいのか、
  • 叶えた先に、何を求めているのか、
  • 現代社会において、その意味は?

これらを考えることで、
より根本にある自分の欲求に気づけ、
自分の理想の世界がわかっていきます。

ビジョンや大義などが明確に
なっていく方もいらっしゃるかもしれません。

これらを明確にすると
なぜいいのか?

それは
日々の自分の原動力となるからです。

モチベーションが下がったときも
助けてくれます。

女性起業家のトップ1%に入るであろう
ある知人は、
2日に1回は、言語化して
紙に書いていると話していました。

自分の根本の欲望や、現代社会、
ビジョン、大義が明確な人は、
遠くまで見えているので、

目の前に大変なことが起きても
気持ちが落ち込みにくいし、
復活もしやすい。

大局的に見えている人は、
どっしりと構えていられます。

その一方で、近視眼的な状態は、
目先のことだけにとらわれますから、
右往左往してしまいがち。

日々、何かが起きますし、
自分にとって、
面白くないこともあるでしょう。

しかし、自分がなんのために
がんばっているのか明確であれば、
目の前のことも気になりにくいというわけです。

気分に左右されにくい
原動力になりますので、

自分が叶えたいことだけでなく、

理由や、その先、現在の状況も
ぜひ考えてみてくださいね。

 

PRプロデューサー寺尾祐子のメールマガジン ご登録はこちら  方眼ノート1dayベーシック講座 詳しくはこちら