toggle
2021-07-20

自分との付き合い方【ビジネス 自分を突き放す】

人間関係の極意の一つ。

それは、
「距離感」だと思っています。

近くなりすぎると、
トラブルも起きやすい。

その一方で、遠過ぎると、
心を通わせられていない
寂しさを感じてしまう。

「人のことは、よく分かる」

これって、
自分と自分に対する感情も
同じだと思うんです。
だって人間だから(笑)

とはいえ、自分の場合は
基本、近過ぎるので(当たり前)
距離ができるだけあった方がいい。

大体において、
自分とうまくいっていないとき、

自分とうまくいってないとは、

  • 自己嫌悪に陥っているとか、
  • イライラしているとか、
  • 自分がダラダラしたくないのに、ダラダラしてる

とかなど、過剰に感情に支配されている感じのとき

自分の感情で一杯となり、
視野が狭く、
自分を突き放して考えられない
ときが多いです。

ご自分でビジネスをされている方は、

ちょっとうまくいってないとき、
自分とビジネスの関係も
ベッタリしている場合が多いようです。

つまり、客観視できていない状態。
他社の事例や、社会の状況、環境など、
いったんご自分のビジネスを脇に置いて、
じっくり捉え直すことはとても大切なこと。

私のビジネスの師匠からは、
「自分をもっと薄める」
という表現で、よく言われます。

「自分を突き放す」とか、
「自分を他人としてみる」などと同じです。

以前も紹介した、
例えば、花子さんなら、
「花子さん」と「ハナちゃん」にして、
対話することも近いですね。

すなわち、
自分のことしか考えられていない状態から、

自分と距離を持って(他人化)して、
モノゴトや状況を見るということです。

「人のことは、よく分かる」

ってあるじゃないですか。

「完全なる他人」にするのは
カンタンじゃないですが、

少しでも、自分と距離をとってみてください。

すると、状況が(前より)よくわかり
やるべきことも見えてきます。

自己嫌悪に陥っていたら、
冷静に状況をとらえて、
慰めたり、励ましたり。

自分のこととなると「大問題!」
だったことも、

他人のことになると、
「そんなに大した問題じゃないかも」
となることも多々あります。

私の場合は、
方眼ノートを使って
自分と対話したり、
自分を冷静にみたりするようにしています。

そもそも、方眼ノートに限らず、
紙に書くのは、
自分を客観視するためには、
とても有効です。

いろいろ書きましたが、
本日、お伝えしたいのは、

自分を突き放して考える時間を
持つこと。

その方が、自分とも仲良くなれますよ。

だって、距離ができますから。

PRプロデューサー寺尾祐子のメールマガジン ご登録はこちら  方眼ノート1dayベーシック講座 詳しくはこちら 
方眼ノートアドバンス講座 詳しくはこちら