toggle
2021-06-10

なぜ学ぶのか?【学び 可能性】

「なぜ学ぶのですか?」

と質問されたら、
あなたならどのように答えますか?

学び方は大切


本ブログの読者さまなら、
何らかの学びを現在されているか、
これからしようとしている方が多いと思います。

 

  • 収入を上げるため
  • 仕事で結果を出すため
  • 人生をより楽しみたいから
  • 日々を快適に過ごしたいから
  • 好奇心からなど、


人それぞれにあるでしょう。



そもそも何かを学ぶ際は、
ただ漠然と学ぶのではなく、

「問い」(学びたいこと)を
はっきりさせることが重要です。




なぜなら
得られる結果に大きく左右するから。



さらに、
具体的な得たい結果は
それぞれあるとは思いつつ、

もう少し抽象度を上げ、

「なぜ学ぶのか?」
を考えてみました。



私なりに出た一つの答え。



それは、
「可能性を広げるため」
ではないでしょうか。




自分に何かしら
可能性を感じている(感じたい)から
学ぶのだと思うのです。



自分の人生に、
何かしらの可能性を感じなければ、
学ぼうとすることもないでしょう。



学ぶことによって、
現在の自分の枠を知り、
枠を広げる。



自分の枠とは、
思い込みという固定観念だったり、
自分の常識だったり、
ときには力量だったり。



学ぶというのは、
その枠を外す(広げる)のですから、

より自由になることではないかと
感じています。




よく、
「◯◯を学んで、自由になりました!」
なんて聞きますよね?



では、
自由とは何でしょう?



ここでいう自由とは、
「選択肢を広がること」
なのだと捉えています。



言い方の変えれば
「囚われから解放」なんでしょうね。




現在、方眼ノートの説明ページを作成しており、
こんなことを考えていました。
(できたら、またお知らせします!)



私たちは、いつまでも
自分自身に可能性を感じて生きていきたい。



「学び」は一生続けていくからこそ、
学び方(ノート術)は大切だし、
「いいもの」を学びたいと思っています。



(何をもって「いいもの」とするかは
人それぞれですし、また別の機会に)

PRプロデューサー寺尾祐子のメールマガジン ご登録はこちら  方眼ノート1dayベーシック講座 詳しくはこちら