toggle
2019-01-10

【No.960】自分の「人生が変わりました!」を書くときの注意点

ふりかえれば、トンネルを抜けたように人生が変わった瞬間ってありますよね。

こんにちは! 寺尾祐子です。

ブログやメルマガに、多い記事の1つ、

「◯◯と出会ってから人生が変わりました!」
(◯◯には自分の商品やサービスが入る)

があります。

あなたの商品の
「詳しい体験談」なのですから、
書くのはとても効果的です。

心理学系やコーチング、カウンセラー
食関係、占い関係、各種セラピー、運動系、
片付け系などさまざま。

ただ、ただですね、
実体験かもしれませんが、

どうしても
「ひとりよがり記事」になりやすい記事でもあります。

ひとりよがり記事になってしまうと、

「あなただから変わったんでしょ」とか、
「なんだか、うさんくさい」とか、
「かなり盛って書いてるでしょー」とか、
「それって自己満足かも」とか、
「分かる気もするけど、無理してない?」など、

斜めな感想をもたれやすい。

じゃぁどうしたらいいのか。

自分の意見だけに終わらせないことが
ポイントになってきます。

つまり、客観的にお伝えする。

たとえば、

▪️家族(親や兄弟姉妹、パートナー、子ども)や
親しい友人や、久しぶりにあう知人などの
意見、発言を入れる。

▪️数字で表せるものは、数字を使う。
ダイエット系なら
(ダイエット目的じゃなくても、副次的な結果として)
体重の変化を書く。

片付け系なら、どれだけ捨てたか
数で示す。
(ゴミ袋の数や、重さ、アイテム数など)

▪️変化によって起こった出来事を具体的に書く。
たとえば、
ただ夫婦仲が良くなっただけでなく、
3人目を授かった、とか、
二人だけで映画に出掛けるようになった、とか、
久しぶりに手を繋いで歩いた、など、
画像が浮かぶような表現を入れる。

▪️ビフォー、アフターの画像を入れる。
これにインパクトあると、かなり説得力アップ↑

▪️あなた以外の方でも、
その商品で変化したことを書く。

以上、これらがあったらバッチリです。

一回で書き切れない場合は、
シリーズ化してじっくり書いてもいいですね。

まとめると、

  1. 第3者の意見やセリフを入れる。
  2. 数字で表せるものは、数字を使う。
  3. 変化によって起こった出来事を具体的に書く。
  4. ビフォー、アフターの画像を入れる。
  5. あなた以外の方でもその商品やサービスで
    変化したことを書く。

これら5つのことを入れながら、
あなたの商品のよさを
ていねいにお伝えしてくださいね。

今日も最後までお読みくださって
ありがとうございました!

PRプロデューサー寺尾祐子のメールマガジン ご登録はこちら  方眼ノート1dayベーシック講座 詳しくはこちら 
方眼ノートアドバンス講座 詳しくはこちら