toggle
2017-04-16

【No.328】自分のパターンを知っておく。

私にとっての一大イベント、
お能の発表会が終わり、今日は朝から外出。

いつものパターンだと、
発表会翌日は、家で仕事をしようにも、
身が入らず、ボーっとしたり
無駄なネットサーフィンをしがち。

だからという訳じゃないですが、
今日は、いつもより子どもを早く幼稚園に送り、
その足で、学びの場所へ。
(今回は偶然、予定が続いただけですが)

これが、とっても良かったです。
深い学びと刺激をいただき、
帰りの電車では熟睡して、帰宅。
睡眠不足も少々解消できました(笑)

それから、子どもを迎えに行くまでの時間、
集中して仕事をすることができました。

自分にとって大きなイベントや、
緊急で重要な仕事を仕上げた後は、
そのバランスを取るかのように、
無駄なことをしがちです。

無駄でダラダラした時間が長引くと、
自己嫌悪に陥ったり、
また仕事が溜まって、バタバタとしてしまったり。

お祭り的なイベントや長期の旅行帰り、
大仕事の後、そんな経験をしたことありませんか?

以前メルマガで、
あらかじめ「決めておく」と何かといい、
という話を書きました。
http://flight-ex.jp/bkn40727/kikukaku/96

今回は、偶然でしたが、
イベントの後に、強制的に体を移動させて
人と会うのは、いい切り替えになります。

一方で、ボーっとしてしまうことが
わかっているならば、
「ボーっとしてもいい時間」を
あらかじめ確保しておくのも手です。

頭や気持ち、体の切り替え時間を
予定に入れておくのです。

すぐに切り替えができる方はいいですが、
私みたいな方は、参考にしてみてください。

結構使えますよ。

もうすぐゴールデンウィーク。
この春の連休後にでも、
強制的に人と会って、モードチェンジをするか、
ゆっくり日常に戻って行くか、
ぜひ、やってみてはいかがでしょう。

PRプロデューサー寺尾祐子のメールマガジン ご登録はこちら  方眼ノート1dayベーシック講座 詳しくはこちら 
方眼ノートアドバンス講座 詳しくはこちら