toggle
2017-04-13

【No.324】春は浮き足立つ季節?

さて問題です。
「春は、浮き足立つ季節です」

と言われたら、AとBのどちらの意味でしょうか?

A:春は、やっと暖かくなり、桜も咲いて、
浮かれてしまって落ち着かない。

B:春は、進級、進学、就職など新しい環境になって、
不安で落ち着かない。

どちらだと思いますか?

恥ずかしながら、
自信を持ってAと思っていたら、
Bが正解です。

さて次。
「なし崩し」というは、どちらでしょう?

C:うやむやにする、曖昧にする

D:少しずつ片付ける

これも自信を持ってCだと思っていたら、
Dが正解です。

「なし崩し的に進める」
というのは、
少しずつ片付けながら進めるという意味です。

友人のセミナーに参加したとき、
「浮き足立つ」という言葉を使っていました。

危うく
「間違って使っていたよ」と言いかけ、
念のために調べたら、
私の勘違いが判明したという展開です。

危なかった…(苦笑)

こうしてメルマガを書いている時も
よく言葉を調べています。

知っているつもりでも、
ニュアンスが少々違っていたこと多々。
「なし崩し」に至っては、全く違っていました。

一つ一つ勉強です。

今日のメルマガは、
そんな学びのシェアをしてみました。

ご存知の方もいらっしゃると思います。

「そんなことも知らなかったの?」
と、言われたら、
浮き足立っちゃいます。

PRプロデューサー寺尾祐子のメールマガジン ご登録はこちら  方眼ノート1dayベーシック講座 詳しくはこちら 
方眼ノートアドバンス講座 詳しくはこちら