toggle
2017-03-07

【No.287】大事なことは幼稚園児とのかくれんぼで学んだ。

先週の日曜日、
幼稚園児たちに、一本(二本?)取られたました。

息子を含む、5歳児2人と一緒に
かくれんぼをしたときのこと。

何回目かで、Sちゃんが鬼に。

息子は、すぐに見つかっていましたが、
私は、少し難しい場所だったため、
なかなか見つかりません。

そこで、Sちゃんは考えました。

大きな声で、
「もー、いーかい?」

見つかっちゃうかなと思いつつ、
「もー、いいよ!」
と、返事。

私の声が聞こえてくるから、
居場所の当たりをつけ、
見つかってしまいました。

そして、息子が鬼のとき。

Sちゃんは、すぐに見つかりましたが、
またまた私を見つけられません。

息子が使った手は…、

突然、
「ママー、おしっ○ー!」。

トイレの場所は少々遠く、多分、知らない息子。

いやぁ、子どもは分かっていますね。
親が何に最も反応するか。
親の心理を。
(着替えもないし、お漏らししたら、後が大変!)

自ら、姿を現した私に、

「あっママ、見つけたー!」。

やられました。

5歳児たち、なかなかやります。

探し出すのが難しければ、

「声を出してもらって、場所に当たりをつける」、
もしくは
「自ら出てきてもらう」。

意外に、知恵者です。

かくれんぼは、
ひたすら探すだけが能じゃない。

とらわれない自由さがあり、
面白くも、びっくりしました。
(もしかして、知らないのは私だけで、
よくある方法?)

何かに行き詰まりを感じたら、
何かにとらわれていると感じたら、

いつもと違うことをやってみるのも手です。

「自由な発想」。

手段、発想を変えてみるというのは、有効のようです。

例えば、
モノを減らして、お部屋をキレイにしたいなら、
捨てることよりも、
選び抜くことを重視する。

なんだか、最近、うまく回ってないと思ったら、
コーチングを受けてみる。
アドバイスを求めるのではなく、
うまく引き出してもらう。

いかがでしょう?(笑)

最後は宣伝も入りましたが、
いつもと違う方法を試してみること、面白そうです。

PRプロデューサー寺尾祐子のメールマガジン ご登録はこちら  方眼ノート1dayベーシック講座 詳しくはこちら 
方眼ノートアドバンス講座 詳しくはこちら