toggle
2017-02-26

【No.278】七転び八起きなのだ!

先日読んだ
『やり抜く力 GRIT(グリット) 』。
アンジェラ・ダックワース (著), 神崎 朗子 (翻訳)
https://goo.gl/Yid72X

「習慣化サポートコーチング」をしていることあり、
ますます「やり続けること」にアンテナが高くなっています。

「やると決めたことは、やる!」

「並外れたことをしなくても
並外れた実績を達成することはできる」

これらは、アメリカの大投資家である
ウォーレン・バフェット氏の言葉です。

バフェット氏が自分自身に対して決めていた
ルールなのだそう。

「やると決めたことは、やる!」

というルールに従って投資をしていたのだとか。

一度決めたことは、絶対に途中でやめないで、
最後までやり通す。

この原則を貫いて、
どんなに株が暴落しようと、決して所有株を手放さず、
長期的に持ち続けることで、危機を乗り切り、
資産を増やし続けたのだとか。

人は、案外あたり前のことができません。
最後までやりきる人はほんの一握り…。

これらバフェット氏のことは、
最近読んだマンガ(忘れた頃に登場しますね・笑)、

『インベスターZ 7』(三田紀房・著)
https://goo.gl/ZnWfqj

に書かれていたことです。

人は、やろうと決めたことも、
言い訳して、
例外を作って、
三日坊主で終わらせてしまうと。

ドキッとしてしまうセリフです。

シンプルなことほど、難しいですよね。

だからこそ、価値がある。

言い訳とか、三日坊主とかは、
決していいものではありません。

しかし、言い訳とか、三日坊主とかを
全くしないというのは、至難の技。

だって、私たちは人間ですから。

ただ、最近、ますます強く思うのは、

言い訳するのはイヤですが、
言い訳する自分に気がついたら、
言い訳をやめればいいと思います。

三日坊主はイヤだけど、
なぜやるのか目的をもう一度自分と確認して、
必要だと思ったら、また四日目からまたやればいい。

「ドンマイ!」
「また始めればいいのだ?」です。

私自身、早起きは、何度も挫折しては、
必要に迫られて、復活を繰り返してきました。

まさしく先日のメルマガでも紹介した

「七転び八起き」!

自分の選択が、自分の人生を作ります。
七転び八起きで、
やり抜く力をつけていく。

もうすぐ2月も終わります。
何かを始めたくなる春。
やり抜く力で、充実した時間を増やしたいですね。

ブログやメルマガを続けるコツがわかる 無料メールセミナー登録