toggle
2017-01-11

【No.232】「感情には、鮮度がある」

最近、心が大きく揺さぶられたこと、ありましたか?

感動したこと、
うれしかったこと、
くやしかったこと、など。

「感情が大きく動いた」ということは、
価値観や、生き方、信条など、
自分の大切なモノに触れたということ。

ココを逃す手はありません。

お友だちと話をしているとき、
わかりやす表現を教えてもらいました。

「感情には、鮮度がある」

大きく動いた感情。
これこそが、前へ進む原動力になります。

その激しく動いた気持ちは、残念ながら
時間が経つと共に、忘却の彼方へ。

(思い出すたびに、感情が溢れることもありますが、
いつも、どんなときでも、思い出すわけではありません)

忘れてしまうのは、もったいない!

ぜひ、その心の動きを文字にして
残してみてはいかがでしょう。

気持ちが動いたときほど、
言葉に、気持ちがのってきます。

自分は、もちろん、
情報発信している方は、読み手にも伝わります。

不思議と、行間から
「熱」がにじみ出てくるもの。

例えばラブレターもそう。
(イマドキの学生は、SNSで送るのかな)

文章の上手下手は関係なく、
気持ちが文字にうつって、
きっと愛にあふれていると思います。

気持ちが乗っている文章は、
読み手の心を打ちます。
そういう文章こそ、人を動かします。

たとえ、美しい日本語を使ってあっても、
型どおりの儀礼的な文章では、
相手の心に響かせることはできません。
(=人を動かすこともできません)

先日、自分のなかで
自分の至らなさに、
無性にくやしい思いをしたことがありました。

その感情を、ノートに記しておいたのです。

情けない自分を吐き出し、
勇気をふりしぼるのは今だと、
自分への強いメッセージを書いていました。

激しく動いた感情。
動いたときは、受け止められなかったことも
文字にしながら、感情を整理していく。

そうすることで、何よりもいいのは、
次への行動に活かせること。

そんな気持ちが動いた、自分メモ。

1つの財産です。
誰もが、自分しか変えることができません。
(人に影響を与えられても)

自分で、自分を動かすために。
それをブログやメルマガで発信できれば、
さらに読者さまの心も、きっと何かを感じとります。

「気持ちが落ち着いてから書こう」

なんて思っているうちに、
熱が冷め、温度の低い言葉へとなっていく…。
残念なことに、書くこと自体を忘れてしまうことも。

感情は熱いうちに言葉に残す。
きっと、あなたにとって財産になります。

PRプロデューサー寺尾祐子のメールマガジン ご登録はこちら  方眼ノート1dayベーシック講座 詳しくはこちら 
方眼ノートアドバンス講座 詳しくはこちら