toggle
2016-12-07

【No.197】受け取り方は、相手が決める。

「がんばってくださいね!」
先日、歯医者で奥歯のかぶせモノを付け替えるときに、
歯科衛生士さんがおっしゃいました。

「そっ、そんなに、大変なの?」
治療が始まって口を大きく開けながら、心の中は不安に…。
彼女のセリフで、返って怖じ気づいて、体に力が入ってしまいました。

親切心からおっしゃったセリフでしょうが、
もうちょっと違う言葉がいいですね。

治療してもらいながら、
事実(治療内容)を淡々と言うのが、いいのかなぁとか、考えていました。

「がんばってくださいね!」と、言われたばっかりに、
「今日は大変だった」という思いが、つのったような…(苦笑)

そんなことを思いつつ、仮のかぶせものをして、
その日は、終わったのでした。

昨日は、「戦略的先送り」していたホームページの打合せでした。

構成を再度見直しながら、使用写真も確認。
2枚まで絞り込んでもらった画像の中から、私は「程よい笑顔」の方を選択。

ところが、Webデザイナーの友人は、
「こっちの、もっと笑っている方が、仕事をお願いしたくなるよ」
と、別の画像を選択。
(もう1人、写真の撮り方を教えているプロも、笑っている方をチョイス)

最終的には、プロの意見を素直に聞き、笑った画像に。
(目はほとんど開いてない、歯むき出しの顔…)

私が選ぶと、どうしても
「少しでもよく撮れている方がいい」
「(低レベルとはいえ)少しでも美しく見えるのではないか」

という、よく見せたい欲望、自己満足の感情が入ってしまいます。
客観的になろうとも、なかなか難しい。

ホームページを作るのは、ビジネスのため。
お客さまに知ってもらい、選んでもらうため。

プロの意見に従った方が、客観的にイイモノが仕上がると判断して、
お任せしました。
(旧正月までには仕上がるので、お楽しみに)

発信側(私)は、少しでも美しく見せたいという欲望がある。
受取側(WebデザイナーさんやHPを見てくださる人)は、私の美醜については関係ない。
(好みはあると思いますが)

先の歯医者さんの場合、
発言側(歯科衛生士さん)は、親切心で「がんばってくださいね」。
受取側(患者の私)は、不安になり、怖じ気づく。

発信(発言)側と、受取側には、どうしても差が生まれます。
これは、仕方のないことなのでしょうね。

発信(発言)者は、

客観的になろうとする。
想像力を働かせる。
考える。

と、いうことをするしかないのだと思います。

あとは、相手(受取側)次第。

「そんなつもりで言った(した)んじゃない」

ということもありますが、決めるのは相手。

そのまま受け取るしかありません。

自分の意思を正確に伝えるため、
目的を達成するためにも、
あらためて、素直に「聞く耳」をもちたいと思ったのでした。

ブログやメルマガを続けるコツがわかる 無料メールセミナー登録