toggle
2016-09-28

【No.127】聞かなければ、本当の愚か者になる。

今、新たに、ある会員制ビジネスコミュニティ向け
会報誌の編集、及び作成の仕事をしています。

Wordで作りつつ、ほぼ出来上がってから
「縦線をココに引いたら、引き締まるなぁ」
というアイデアは出てたものの、引けない…。

私の知っている方法でやると、まっすぐ引けない。
(図形→線)
何度か挑戦してみたものの、歪むんです。

これ以上、時間を無駄にできないと、途中であきらめ保留。

Skype打合せのときに、
その話をチラッとしたら
「シフトキーを押しながらやったら、まっすぐ引けますよ」

「ホントだ-!!!」
(今思えば、検索して調べればスグでした…汗)

10分以上、ウンウン唸って試行錯誤していたことが、
10秒で解決(笑)

知っている(=できる)か、
知っていないか(=できない)だけの差。

まだインタビューの仕事を始めたばかりのころ、
話の途中で、意味不明な単語が出てきました。

当たり前のように話をされ、
「後で、インターネットで調べればいいや」
と、そのままスルー。

帰社後、調べても分からず、
冷や汗をかいたことがありました。

その方の独特の表現や、略語、ただの聞き間違いなど、
ネットが全てを解決してくれるわけではありません。

分からないことは、
その場で確認し、教えてもらうのが、鉄則です。

知らないことを恥ずかしがったり、
知ったかぶりしたりせずに、
素直に聞いて、教えていただくべきですね。

まさしく
「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」。

今日も、お能のお稽古で、
超初歩的な質問をしてしまいました。

「うちのお弟子さん、大丈夫?」

先生は、半ばあきれ顔。
そうおっしゃりながらも、詳しく説明してくださいました。

「一時の恥」をかきましたが、
おかげでしっかり覚えました(苦笑)
もう忘れません。

英語で、こんなことわざがあるそうです。

Asking makes one appear foolish, but not asking makes one foolish indeed.
(聞くと愚か者に見えるが、聞かなければ本当の愚か者になる)
『故事ことわざ辞典』から

「聞かなければ本当の愚か者」だなんて、
恥ずかしさに負けてはいられません。

少しずつ、前進しまする。

PRプロデューサー寺尾祐子のメールマガジン ご登録はこちら  方眼ノート1dayベーシック講座 詳しくはこちら 
方眼ノートアドバンス講座 詳しくはこちら